ソチ・オートドロームを周回するF1マシン、2021年9月24日F1ロシアGPフリー走行1にて
Courtesy Of Pirelli & C. S.p.A.

ボッタス、最速連取で初日締め!フェルスタッペンはPU交換で「決勝用マシン」作りに専念 / F1ロシアGP《FP2》結果とダイジェスト

  • Published: Updated:

2021 F1第15戦ロシアGP金曜2回目のフリー走行が現地9月24日に開催され、バルテリ・ボッタスがFP1に続いて全体ベストを記録。過去2勝を誇るソチ・オートドロームでの初日をトップで締め括った。

2番手には1000分の44秒差でルイス・ハミルトンが続き、メルセデスが初日2回のセッションで共に1-2体制を築いた。

3番手にはピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)が続き、高い競争力を見せつけたが、終了間際にターン2のソーセージ縁石に乗り上げフロントウイングを破損。イエローフラッグが振られた状態でセッションは終了した。角田裕毅はチームメイトから2.109秒落ちの18番手でクルマを降りた。

午前のFP1に引き続き、午後の現地ソチも晴天に恵まれ、予選・決勝と同時刻帯のプラクティス2は気温19.5℃、路面33.7℃のドライコンディションでスタートした。

レッドブル・ホンダはFP2を前にマックス・フェルスタッペンのパワーユニット・コンポーネントを全て交換。グリッド降格ペナルティによる最後方スタートが確定した。

そのためフェルスタッペンは予選ではなく決勝レースを見据え、巻き返しのためのセットアップ作業に取り組み、ランド・ノリス(マクラーレン)とエステバン・オコン(アルピーヌ)に続く6番手タイムでセッションを終えた。

ソチでのエンジン交換についてフェルスタッペンは「(FP1の)リザルトだけではなく、明日の天候も含めてあらゆる材料を考慮した。ここで交換するのがベストだと思ったんだ」と説明した。

「新しいエンジンを使うと決めたからには、今週末の決勝に向けて最高のレースカーを作り上げる事に専念するのみさ。もちろん上手く行くだろうと思っている」

チームメイトの降格により、ソチでの週末への期待を一手に背負う事となったセルジオ・ペレスは11番手と、対峙すべきメルセデス勢から1.3秒遅れた。

60分間を平穏に終えたFP1とは異なり、決勝レースに向けての最後のドライコンディションが予想される初日セカンドセッションではレッドフラッグによる中断があった。

アルファロメオのアントニオ・ジョビナッツィはターン8で後輪を滑らせ、リア側からバリアに激突。自走でピットへと戻ろうとしたものの、リアウイングを含めてコース上にデブリを撒き散らしていたため、チームは停車を指示した。

デブリの回収とバリアの修復のためにセッションは赤旗中断となり、9分後に再開された。

なお同じターン8では、フェラーリのシャルル・ルクレールも脱出の際にリアを失う場面があった。幸いにもこちらはクルマへのダメージはなかった。ルクレールは「なんだかクルマがかなり奇妙な感じだ」と無線で報告した。

セッション開始を前にパワーユニットに問題が確認されたとして、マクラーレンはダニエル・リカルドのエンジンを古い個体へと換装。コースインが遅れたため、走行僅か12周の17番手でセッションを終えた。チームは今夜、問題の修復に取り組むとしている。

2021年F1第15戦ロシアグランプリ3回目のフリー走行は、日本時間9月25日(土)18時から1時間の日程で開催される予定だが、雨の予報が出ており、予選と合わせて無事に執り行われるかどうかは不透明な情勢だ。

Pos No Driver Team Time Gap Laps
1 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:33.593 19
2 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:33.637 +0.044 22
3 10 ピエール・ガスリー アルファタウリ・ホンダ 1:33.845 +0.252 22
4 4 ランド・ノリス マクラーレン・メルセデス 1:34.154 +0.561 17
5 31 エステバン・オコン アルピーヌ・ルノー 1:34.402 +0.809 23
6 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1:34.621 +1.028 20
7 55 カルロス・サインツ フェラーリ 1:34.678 +1.085 22
8 14 フェルナンド・アロンソ アルピーヌ・ルノー 1:34.762 +1.169 21
9 5 セバスチャン・ベッテル アストンマーチン・メルセデス 1:34.837 +1.244 22
10 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:34.925 +1.332 24
11 11 セルジオ・ペレス レッドブル・ホンダ 1:34.938 +1.345 22
12 7 キミ・ライコネン アルファロメオ・フェラーリ 1:35.052 +1.459 23
13 63 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ・メルセデス 1:35.094 +1.501 19
14 99 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ・フェラーリ 1:35.178 +1.585 14
15 18 ランス・ストロール アストンマーチン・メルセデス 1:35.334 +1.741 21
16 6 ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ・メルセデス 1:35.411 +1.818 19
17 3 ダニエル・リカルド マクラーレン・メルセデス 1:35.630 +2.037 12
18 22 角田裕毅 アルファタウリ・ホンダ 1:35.954 +2.361 23
19 9 ニキータ・マゼピン ハース・フェラーリ 1:36.099 +2.506 19
20 47 ミック・シューマッハ ハース・フェラーリ 1:36.230 +2.637 20

コンディション

天気
晴れ
気温
19.5℃
路面温度
33.7℃

セッション概要

グランプリ名
F1ロシアGP
セッション種別
フリー走行2
セッション開始日時

サーキット

名称
ソチ・オートドローム
設立
2014年
全長
5872m
コーナー数
16
周回方向
時計回り

F1ロシアGP特集