ガレージ前のピットでマックス・フェルスタッペン駆る33号車の作業を行うレッドブル・ホンダのメカニック、2021年9月24日F1ロシアGPフリー走行1にて
Courtesy Of Red Bull Content Pool

フェルスタッペン、僅か13周…メルセデスが無敗のソチで1-2発進!角田裕毅「ナーバス」F1ロシアGP《FP1》結果とダイジェスト

  • Published: Updated:

シーズン15戦目となる2021年F1世界選手権ロシアGPが、9月24日にソチ・オートドロームで開幕を迎え、日本時間17時30分から金曜1回目のフリー走行が行われた。

グランプリ一発目のセッションを制したのはバルテリ・ボッタス。過去2勝を誇る得意のソチで1分34秒427のトップタイムを記録した。2番手には0.211秒遅れでチームメイトのルイス・ハミルトンが続き、メルセデスが1-2発進を切った。

ポイントリーダーのマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)はタイトル争いのライバル、ハミルトンに1000分の16秒差の3番手につけた。19台が20周以上を走り込んだ一方、ガレージ内に留まる時間が多く、走行僅か13周でセッションを終えた。

グリッド降格ペナルティが科せられる4基目の投入が議論されているものの、まだ決定事項ではないため、走行距離を抑えてエンジンの寿命を引き伸ばそうとしている可能性もあり得たが、ホンダはFP2を前に全パワーユニットを交換した。僚友セルジオ・ペレスは9番手でヘルメットを脱いだ。

ソチ・オートドロームを周回するレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン、2021年9月24日F1ロシアGPフリー走行1にてCourtesy Of Red Bull Content Pool

ソチ・オートドロームを周回するレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン、2021年9月24日F1ロシアGPフリー走行1にて

金曜午前の現地ソチは青空に恵まれ、セッションは気温19℃、路面温度30℃のドライコンディションでスタートした。公式タイヤサプライヤーのピレリは最も柔らかいレンジのC3からC5までの3種類のコンパウンドを持ち込んだ。

チームはソフトとハードを中心にプログラムをこなした。2日目が雨となる可能性が高い事から、ショートランよりもロングランに集中するチームが多く見られた。

例えば昨年大会ではFP1から予選Q3にかけて3.7秒近くタイムが向上しているように、半公道コースのソチ・オートドロームは普段あまり使用されていないためトラック・エボリューションが大きく、特にセッション序盤はコース上のマシンの数も限定的だった。

ランド・ノリス(マクラーレン)を除き、60分間のプラクティスでは特に目立ったアクションはなかった。

前戦イタリアGPでキャリアベストの2位表彰台に上がったノリスは、ターン10でリアをやや失いコース外に出たものの、何とか修正してバリアとの接触を回避してみせた。だが、チェッカー後にピットレーン入口でリアをロックさせ、ハーフスピンを喫してフロントウイングを壁にぶつけた。ノリスは8番手、僚友ダニエル・リカルドは14番手でFP1を終えた。

なお残り20分というタイミングでは、コース上のデブリ回収のためにバーチャル・セーフティーカー(VSC)が導入される場面があった。

中団チーム最速はシャルル・ルクレール。新型ハイブリッドシステムを搭載した16号車SF21を駆るモナコ人ドライバーは、3番手フェルスタッペンに0.463秒差の4番手につけ、アストンマーチンのセバスチャン・ベッテルを5番手に抑えた。

モンツァで不遇のDNFに終わったピエール・ガスリーは6番手と、変わらず好調な走りを見せた。アルファタウリ・ホンダのチームメイト、角田裕毅は「クルマがかなりナーバスだ」と不満を訴えながら16番手でピットへと戻っていった。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)検査で陽性反応が出たために過去2戦を欠場していたキミ・ライコネン(アルファロメオ)は復帰最初のセッションで、13番手を刻んだチームメイトのアントニオ・ジョビナッツィからコンマ15秒遅れの15番手につけた。

2021年F1第15戦ロシアグランプリ2回目のフリー走行は、日本時間9月24日(金)21時から1時間の日程で開催される。

Pos No Driver Team Time Gap Laps
1 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:34.427 25
2 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:34.638 +0.211 23
3 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1:34.654 +0.227 13
4 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:35.117 +0.690 22
5 5 セバスチャン・ベッテル アストンマーチン・メルセデス 1:35.781 +1.354 23
6 10 ピエール・ガスリー アルファタウリ・ホンダ 1:35.794 +1.367 24
7 55 カルロス・サインツ フェラーリ 1:35.811 +1.384 25
8 4 ランド・ノリス マクラーレン・メルセデス 1:35.959 +1.532 24
9 11 セルジオ・ペレス レッドブル・ホンダ 1:36.188 +1.761 22
10 14 フェルナンド・アロンソ アルピーヌ・ルノー 1:36.225 +1.798 21
11 31 エステバン・オコン アルピーヌ・ルノー 1:36.236 +1.809 25
12 18 ランス・ストロール アストンマーチン・メルセデス 1:36.522 +2.095 21
13 99 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ・フェラーリ 1:36.795 +2.368 23
14 3 ダニエル・リカルド マクラーレン・メルセデス 1:36.877 +2.450 23
15 7 キミ・ライコネン アルファロメオ・フェラーリ 1:36.952 +2.525 20
16 22 角田裕毅 アルファタウリ・ホンダ 1:37.794 +3.367 26
17 63 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ・メルセデス 1:38.013 +3.586 23
18 6 ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ・メルセデス 1:38.155 +3.728 21
19 9 ニキータ・マゼピン ハース・フェラーリ 1:38.586 +4.159 22
20 47 ミック・シューマッハ ハース・フェラーリ 1:38.977 +4.550 23

コンディション

天気
晴れ
気温
19℃
路面温度
30℃

セッション概要

グランプリ名
F1ロシアGP
セッション種別
フリー走行1
セッション開始日時

サーキット

名称
ソチ・オートドローム
設立
2014年
全長
5872m
コーナー数
16
周回方向
時計回り

F1ロシアGP特集