2021年8月5日の引退会見に臨んだペトロナス・ヤマハのバレンティーノ・ロッシ (2)
Courtesy Of MotoGp

MotoGPの伝説バレンティーノ・ロッシ、車番「46」と共にGTワールド・チャレンジ・ヨーロッパにフル参戦

  • Published:

ロードレース世界選手権(MotoGP)の伝説的ライダー、バレンティーノ・ロッシが2022年のGTワールド・チャレンジ・ヨーロッパでアウディR8を駆る事が決まった。引き続きトレードマークの「46」を車番とする。チームメイトは現時点で未定。

昨年末でMotoGPでの現役にピリオドを打ったロッシは前々から4輪転向への興味を口にしていた。

当初はフェラーリからのFIA世界耐久選手権(WEC)参戦が有力視されていたが、最終的にチームWRTと契約し、全10戦から成るGTワールド・チャレンジ・ヨーロッパを次なるキャリアの舞台に選んだ。

今年、9シーズン目を迎える同シリーズは各ラウンド毎にスプリントレースとスパ24時間を含む耐久レースに分かれているが、ロッシはその両方でステアリングを握る。

「僕は昔から自動車レースの大ファンで、御存知の通り、MotoGPでのキャリアの次に4輪への転向を考えていた」とロッシ。

「こうして高いレベルで自動車レースプログラムに専念できる事になり嬉しく思う。WRTはまさに僕が望んでいたような完璧なチームだ。彼らと共にこの新しいチャレンジを始められる事を心待ちにしている」

チームWRTのヴィンセント・ヴォッセ代表は12月のバレンシアテストについて「技術的なフィードバックや作業の進め方など、双方にとって本当に有意義だった」として「偉大な二輪チャンピオン」であり「プロフェッショナルで競争力あるスポーツマン」であるロッシの加入を歓迎した。