黒塗りにされたレッドブル・ホンダ「RB15」

遂に来た!レッドブル・ホンダ、2019年の新車「RB15」を2月13日に発表

  • 最終更新:

今季よりホンダ製F1パワーユニットを搭載するレッドブル・レーシングは2月4日、2019年のF1世界選手権に投入する新車「RB15」を、2月13日(水)に発表する事を明らかにした。発表の形式がイベントなのか、はたまたオンライン上でのお披露目になるのかは不明。

同じ13日には、ディフェンディング・チャンピオンのメルセデスAMGと新生レーシングポイントF1チームが2019年型F1マシンの発表を予定しており、ファンにとっては非常に慌ただしい一日となりそうだ。

チャンピオンシップでの逆襲に燃えるレッドブルは、マクラーレンとは正反対のアプローチを採用。ルノーに代わって新たに迎え入れたエンジンパートナーであるホンダに対し、PU設計に関して大幅な裁量を与えた。ホンダとしては、スクーデリア・トロロッソとレッドブル・レーシングに2019年型エンジン「RA619H」を供給する事となり、2015年の復帰以来初となる複数チーム供給体制を敷く。

レッドブルはルノー製パワーユニットを搭載していた昨年、規約で許可されているフィルミングデーを利用したシェイクダウンを英国シルバーストーンで実施。ライバルにディティールを悟られないように、マシンの外装には迷彩カラーが施された。今年も同様に、新車発表の際はライバルチームを欺くための特別なカモフラージュ柄が採用されるものとみられる。

2019年新車発表スケジュール

レッドブルのマシンは毎年、グリッド上で最も熱い視線を集めるクルマであり、今季型「RB15」は空力の鬼才と称される天才デザイナー、エイドリアン・ニューウェイが全面監修している事もあり、例年以上に大きく注目されている。