英国ミルトンキーンズにあるレッドブル・レーシングのファクトリー外観、2021年1月22日Courtesy Of Red Bull Content Pool

レッドブル、22年以降のホンダ製F1パワーユニット使用契約を締結…謝辞を述べる首脳陣

  • Published:

レッドブル・レーシングは2月15日(月)、本田技研工業との合意を経て2022年以降も日本メーカーのパワーユニット(PU)技術を継続使用する事を正式発表した。

ホンダは2021年シーズン末を以てF1から撤退するものの、磨き抜かれたその技術の結晶は来季以降もレッドブル系2チームを駆動する事になる。

ホンダ製PUに関わる知的財産権の使用契約は、レギュレーションによってPU開発が凍結される2022年から2024年までの3年間をカバーする。

これによりレッドブル並びに姉妹チームのスクーデリア・アルファタウリの両チームは、2025年に次世代エンジンが導入されるまで間、ホンダのパワーユニット技術を引き続き使用する事が可能となる。

既報の通り、この新たなプロジェクト運営のために新会社「レッドブル・パワートレインズ・リミテッド(Red Bull Powertrains Limited)」が設立され、組み立てやメンテナンス用のファクトリーとして、ミルトン・キーンズに位置する本拠地レッドブル・テクノロジー・キャンパスの8号棟が改修される。

レッドブル・レーシングのモータースポーツ・アドバイザーを務めるヘルムート・マルコは「我々2チームに対し、今後も引き続き競争力あるパワーユニットを提供する事を承諾してくれたホンダに深い感謝を伝えたい」と語った。

バッジネーム含む22年以降の計画

また、レッドブルのチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは今回の合意について「我々にとって重要な一歩だ。成功を収めていただけに、ホンダがF1から去るという決断を下した際は無論失望したものの、こうして新たな契約の締結に向けて協力してくれた。本当に感謝している」との談話を発表した。

ホーナー代表は更に「ホンダは両チームに競争力あるPUを供給するために、ハイブリッド技術に多額の投資を行ってきた。今後我々はPU部門を内製化し、新しい設備と人員をテクノロジーキャンパスに統合する作業を進めていくが、これと並行して、オフィシャル・パワーユニットサプライヤーとしてのホンダにとっての最後のシーズンに向け、最高の結果を出すべく全力を尽くしていく」と付け加えた。