パドックを歩くフェラーリのキミ・ライコネン、2018年F1バーレーンGPにてcopyright Ferrari S.p.A.

キミ・ライコネン、地元スイスで自動車事故…駐車中のクルマに衝突し罰金刑を科される

  • 最終更新:

スクーデリア・フェラーリのキミ・ライコネンが今年5月に地元スイスで自動車事故を起こし、罰金を科されていた事が明らかとなった。

スイス・ツーク州北部のバールに住まいを持つフィンランド人のライコネンは5月18日、対向車を避けようとして誤って駐車中のクルマに衝突。スイスのATS通信社が報じたところによれば、350スイスフラン(約3万9千円)の罰金と、管理手数料450スイス・フラン(約5万円)の支払いを命じられたという。

スイス居住のF1関係者は数多い。ライコネンのチームメイトであるセバスチャン・ベッテルや、スキー事故の影響でリハビリ中とされる7度のF1ワールドチャンピオン、ミハエル・シューマッハやメルセデスのチーム代表トト・ウォルフ、そしてかつてF1を牛耳っていたバーニー・エクレストン等、多くの資産家がスイスに住所を持っている。

5月18日と言えば、第5戦スペインGPが終わった直後。カタロニア・サーキットで行われたレースでライコネンは、2番手を走行していた25周目に突如パワーダウンを訴え失速。スロー走行を強いられながらコース上での解決を試みるも復旧叶わず、ガレージにマシンを戻しリタイヤを喫した。