F1カタールGPのFP3でロサイル・インターナショナル・サーキットを走るレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン、2021年11月20日
Courtesy Of Red Bull Content Pool

ホンダ勢、3-5占拠もメルセデスと大差…赤旗マゼピンは2セッション喪失 / F1カタールGP《FP3》結果とダイジェスト

  • Published: Updated:

F1第20戦カタールGP土曜3回目のフリー走行が11月20日にロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、バルテリ・ボッタスが前日より1秒近く速い1分22秒310を記録し、FP2に続いて公式予選前最後のプラクティスでタイムシート最上部につけた。

2番手には1000分の78秒差でチームメイトのルイス・ハミルトンが続き、メルセデスが今週末初めて1-2体制を築いた。

レッドブル・ホンダはアルファタウリのピエール・ガスリーを間に挟んでマックス・フェルスタッペンが3番手、セルジオ・ペレスが5番手と言う結果となった。夕刻より開始される予選はFP3とは条件が異なる。だがこれを加味してもフェルスタッペンと最速ボッタスとの0.341秒というギャップはあまりに大きい。

日中に行われるFP3に対し、予選Q1は日没15分後にグリーンフラッグを迎える。気温の低下には暫く時間を要する事になるが、路面温度は遥かに速く低下する。

レッドブルは今週末、再びDRSのアクチュエータに問題を抱えており、FP3でもメカニックが作業に取り組む様子が何度か見られた。CTOのエイドリアン・ニューウェイ自ら、ピットウォールからガレージに戻り、監督する様子もあった。

タイトルを争うレッドブルに暗雲が垂れこめる一方、アルファタウリは2日目も絶好調だ。前日にトップ2を連取したガスリーは変わらず印象的なパフォーマンスを発揮し、1000分の11秒差でペレスを退けた。また、チームメイトと0.721秒差とは言え、角田裕毅も10番手をマーク。ダブルQ3進出に向けて前向きな兆候を感じさせた。

トップチーム+ガスリーの後方では、フェラーリ勢がアルピーヌ勢を挟み込む形で僅差の争いを繰り広げた。4台の中で最も下の9番手に終わったシャルル・ルクレールは、特に最初の数コーナーにおけるSF21の挙動に不満を訴えていた。

グランプリ2日目を迎えた現地ドーハは晴れ、予選結果を占うセッションは気温28℃、路面39℃のドライコンディションでスタートした。

初日同様、縁石を高速で横切る事で振動に見舞われ、エンドプレートやバージボード、フロア等、様々なパーツが飛び散る場面が見られた。またルクレールはターン2で180度スピンを、ガスリーは「一体何が起こったんだ?」と自問自答する奇妙な360度スピンを喫したが、何より大きな事件はハースで起きた。

FP1でコース外に飛び出した事でモノコック交換が必要となり、その結果としてFP2を欠場したニキータ・マゼピンは、失われた時間を埋め合わせるべく開始早々にコースへと向かったものの問題が発生したようで、ピットから出てすぐ、チームからクルマを停めるよう指示された。

セッションはいきなり赤旗が振られ、6分間に渡って中断された。チームはパワー・コントローラーの交換に取り組んだが結局、マゼピンが時間内に戻ってくる事はなかった。

異なるコンディションが想定される2時間後の予選に向け、チームは縁石によるマシンへのダメージを修復して集めたデータを分析し、クルマを仕上げていく事になる。レイアウト的にはオーバーテイクが非常に困難と予想されるため、ここでの予選結果はレースリザルトに大きく影響する可能性がある。

全3ラウンド、計1時間が予定される2021年F1カタールグランプリ公式予選は、日本時間11月20日(土)23時からロサイル・インターナショナル・サーキットにて行われる。

2021年F1第20戦カタールGPフリー走行3(FP3)リザルト

Pos No Driver Team Time Gap Laps
1 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:22.310 17
2 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:22.388 +0.078 16
3 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1:22.651 +0.341 10
4 10 ピエール・ガスリー アルファタウリ・ホンダ 1:22.835 +0.525 17
5 11 セルジオ・ペレス レッドブル・ホンダ 1:22.846 +0.536 14
6 55 カルロス・サインツ フェラーリ 1:23.048 +0.738 17
7 14 フェルナンド・アロンソ アルピーヌ・ルノー 1:23.186 +0.876 13
8 31 エステバン・オコン アルピーヌ・ルノー 1:23.209 +0.899 18
9 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:23.276 +0.966 17
10 22 角田裕毅 アルファタウリ・ホンダ 1:23.567 +1.257 20
11 3 ダニエル・リカルド マクラーレン・メルセデス 1:23.711 +1.401 14
12 5 セバスチャン・ベッテル アストンマーチン・メルセデス 1:23.884 +1.574 17
13 4 ランド・ノリス マクラーレン・メルセデス 1:23.895 +1.585 16
14 63 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ・メルセデス 1:23.923 +1.613 17
15 18 ランス・ストロール アストンマーチン・メルセデス 1:24.154 +1.844 17
16 7 キミ・ライコネン アルファロメオ・フェラーリ 1:24.246 +1.936 19
17 99 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ・フェラーリ 1:24.288 +1.978 17
18 6 ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ・メルセデス 1:24.499 +2.189 15
19 47 ミック・シューマッハ ハース・フェラーリ 1:24.680 +2.370 20
20 9 ニキータ・マゼピン ハース・フェラーリ 1

コンディション

天気晴れ
気温28℃
路面温度39℃

セッション概要

グランプリ名 F1カタールGP
セッション種別 フリー走行3
セッション開始日時

サーキット

名称 ロサイル・インターナショナル・サーキット
設立 2004年
全長 5380m
コーナー数 16
周回方向 時計回り

F1カタールGP特集