MCL33を操縦するストフェル・バンドーンcopyright McLarenF1

1st F1テスト4日目午前《結果》路面コンディションが急激に改善、桃色ハイパーのバンドーンが最速

  • 最終更新:

2018年第一回F1プレシーズンテスト最終日の3月1日、現地バルセロナは朝方深い霧に包まれ、500m以上の遠方の景色が視認できないほどであったが、セッション開始時点での天候は曇り。気温4℃、路面温度5℃と、雨と雪に苦しんだ昨日よりは暖かくなり、セッションは定刻通りにスタートした。

開始当初はフルウェットコンディション。開始1時間が経過したところで、ザウバーのマーカス・エリクソンが2コーナーでグラベルに捕まり赤旗中断。復旧に10分を要する一幕もあった。

その後、2時間を経過した辺りで徐々にインターミディエイトに。更に、正午には気温14℃、路面温度16℃にまで上昇し、以降は急速に路面状況が改善し始め、ドライタイヤでコースインするマシンが増えてきている。

今日のセッションも昼休みなしのノンストップで行われるが、ちょうど半分を消化した現地13時半、マクラーレンを除く全てのマシンがピットに収まった。公式のブレイクタイムがないとは言えども、腹が空いては戦は出来ぬ。

この時点でのトップはストフェル・バンドーン、お馴染みの桃色ハイパーソフトタイヤで1分20秒513を記録した。2番手にはルノーのニコ・ヒュルケンベルグ、ソフトタイヤで22秒507を刻んだ。3番手にはミディアムタイヤのメルセデス、バルテリ・ボッタスが続いている。

バルセロナテスト4日目、トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリー
© Getty Images / Red Bull Content Pool、午前中はフルウェット

まだドライタイヤでの計測を行っていないトロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは26秒464で6番手、同じくインターミディエイトでの記録そのままのレッドブルのマックス・フェルスタッペンは27秒362で7番手となっている。

まだ理想的なコンディションとは言えないものの、今日は1回目のテストの最終日、プログラムの遅れを少しでも取り戻したい各チームは精力的に走行を続けている。

F1プレシーズンテスト最終日午前 順位結果

Pos. Driver Team Time Lap
1 ストフェル・バンドーン マクラ-レン 1分20秒513 77
2 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1分22秒507 49
3 バルテリ・ボッタス メルセデス 1分22秒789 60
4 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1分23秒004 45
5 マーカス・エリクソン ザウバー 1分23秒825 79
6 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ 1分26秒464 49
7 マックス・フェルスタッペン レッドブル 1分27秒362 18
8 セルジオ・ペレス フォース・インディア 1分27秒426 14
9 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ 1分31秒979 47
10 ケビン・マグヌッセン ハース 1分33秒514 25
ランス・ストロール ウィリアムズ
シャルル・ルクレール フェラーリ
ルイス・ハミルトン メルセデス
カルロス・サインツ ルノー

テスト4日目 総合結果