レッドブル・ホンダRB16のコックピットに座るマックス・フェルスタッペン、2020年F1ポルトガルGP フリー走行2にてcopyright Red Bull Content Pool

マックス・フェルスタッペン、怒り収まらず暴言攻勢…接触相手のストロールに放送禁止用語を連発

  • Published: Updated:

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、10月23日(金)に行われたF1第12戦ポルトガルGPの2回目のフリー走行で、レーシングポイントのランス・ストロールと接触した。激怒したオランダ人ドライバーは、無線を通して接触相手のストロールに放送禁止用語満載の暴言浴びせた。

タイム計測に向けてアウトラップを走っていたフェルスタッペンは、後ろから来るクイックラップ中のストロールを前に行かせ、その後ろからホームストレートへとアプローチした。

フィニッシュラインを通過後にストロールが減速すると見込んでいたフェルスタッペンだが、ストロールはチームからの指示で2周連続のラップに取り組んでいたため、後ろを振り返ることもアクセルを緩めることもなくターン1へと進入。相手が進路を譲るとばかりにイン側に飛び込んだフェルスタッペンと接触した。

両者は激しくぶつかり、互いにマシンを幾らか傷つけたが、幸いにも怪我はなかった。このインシデントの影響でセッションはこの日2度目の赤旗中断を強いられた。

事故の直後、チーム無線で怒りを爆発させたフェルスタッペンは「何だよ!あの野郎は盲目なのか!?一体なんだってんだ!クソッ!!頭が足りてないんじゃないのか?」「DRSを開いて僕のラップを邪魔しやがって、挙げ句通常のラインを走りやがった。全くリスペクトがない走りだ。でもそんな事は問題じゃない」などと、放送禁止用語まみれの暴言を吐き続けていた。

セッション終了後、クラッシュについて質問されたフェルスタッペンは次のように語った。

「僕が行こうとしている所に奴がターンインしてきたから本当に驚いた。だから、その件についてはあまり話したくない。一体僕に何処に行けって言うんだい?僕は計測ラップを開始していた、彼はちょうどラップを終えたところだった。どうなるかは分からないけど、接触する事になってしまい残念だ。あれはとにかく不要だった」

その後行われた調査を経て、スチュワードは「両者の誤解」が生んだ不運なインシデントであったとして、一件を不問とする裁定を下し、フェルスタッペンとストロールは罰則を逃れる事となった。

順位 ドライバー チーム タイム
1 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:17.940 32
2 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1:18.535 +0.595 34
3 ランド・ノリス マクラーレン・ルノー 1:18.743 +0.803 35

90分間に渡って行われたFP2は、序盤30分のピレリタイヤテストに加えて2度の赤旗が振られたため大きく損なわれる事となったが、フェルスタッペンはFP1に続いてメルセデスに迫ろうかという2番手タイムを刻んだ。

フェルスタッペン:F1ポルトガルGP初日

マックス・フェルスタッペンFP2: 2位, FP1: 3位

かなりトリッキーだった。ここの新しいターマック(舗装)は真っ当な走行ラインが1本しかない事もあって滑りやすく、少しワイドに膨らんでしまうとグリップが大きく失われてしまう状況だった。それに午後になって風も強まったしね。

でも、全体的にはFP1からFP2に向けて上手くクルマを改善させる事ができたと思う。とは言え、まだまだ向上の余地はあるから、もっと改善できるよう取り組むつもりだ。

今日は来季用のピレリタイヤの新しい2つのコンパウンドを試したんだけど、面白かったよ。(情報が伏せられているから)一体自分が何を履いていたのかは分からないけど、2種類とも良い感じだったし、片方の方がより感触が良かった。現行タイヤと比べて速くなるのかどうかは分からないけど、特に否定的な部分はなかった。

今週末もメルセデスはかなり速そうだし、戦いに持ち込めるかどうかは分からないけど、不可能とは言わない。ベストを尽くしてみるよ。


初日はバルテリ・ボッタス(メルセデス)が両セッションで最速タイムを刻んだ。FP2では車両火災とクラッシュの影響で2度に渡って赤旗が振られる中、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が2番手に、ランド・ノリス(マクラーレン)が3番手に続く結果となった。

F1ポルトガルグランプリ3回目のフリー走行は日本時間10月24日(土)19時から、公式予選は同22時から1時間に渡ってアルガルベ・サーキットで開催される。

F1ポルトガルGP特集