ポルシェ初の電気自動車「ミッションE クロスツーリスモ」

ルマン3連覇のDNA、ポルシェ初の電気自動車「ミッションE」2020年に日本発売へ

  • 最終更新:

ポルシェ初の電気自動車「ミッションE」が2020年に日本国内で発売される事が明らかとなった。ミッションEは2015年のフランクフルト・モーターショーで世界初公開されたポルシェ初となる純電気駆動車両。ルマン24時間レースを3年連続で制した919ハイブリッドや918スパイダーの最新テクノロジーが注ぎ込まれる。

ポルシェは2025年までにモデルラインナップの50%をプラグイン・ハイブリッドもしくは電気自動車とする事を目標に掲げており、パナメーラの4モデル及びカイエンの1モデルを含め、すでに5モデルのEV車を世界市場に導入している。

15年にコンセプトモデルとして発表されたミッションEは市販化に向け着実に進化。2018年のジュネーブ・モーターショーでは、クロスオーバーモデルの「ミッションEクロスツーリスモ」が公開された。600馬力(440kW)を誇るパワートレインによって0-100km/h加速は3.5秒以内を実現、12秒以内に時速200kmに到達するという。

ポルシェ初の電気自動車「ミッションE クロスツーリスモ」

フェンダーの間に低く配置されたフロントフードが、ポルシェのアイコニック的存在である911とのつながりを暗示。垂直のエアインテーク「エアカーテン」と、同社特有の4灯デイタイムライトを備えたLEDマトリックスが存在感を放つ。

ポルシェ初の電気自動車「ミッションE クロスツーリスモ」サイドビュー

「フライライン」と呼ばれる後方に傾斜するスポーティなルーフラインが美しい。広いフェンダーとフロントホイール後方にエアインテークを備えた立体的なサイドパネルが走行性能への期待をそそる。

ポルシェ初の電気自動車「ミッションE クロスツーリスモ」リア画像

アダプティブ・エアサスペンションが搭載されており、車高を50mmまで上げる事も可能。ポルシェ・ダイナミックシャシー・コントロールシステム(PDCC)は、コーナリング時のロールを抑え、起伏の激しい地形で横方向の安定性を改善する。

ポルシェ初の電気自動車「ミッションE クロスツーリスモ」コックピット周り
ポルシェ初の電気自動車「ミッションE クロスツーリスモ」インテリア

メーター類は全てステアリング前方のTFTディスプレイに表示。タッチスクリーンと視線追跡装置を備えており、これまでにない体験が可能になるとか。軽量が一目瞭然のスポーツシートには「PORSCHE」のロゴがイルミネーションされる。

ミッションEの市販モデルは、2019年にワールドプレミアとなる予定。