メルセデスAMG GT ブラックシリーズ 正面ショット

公道仕様のレースカー、史上最強のメルセデスAMG GT「ブラックシリーズ」世界初公開

  • Published:

メルセデスAMGは究極の動力性能と精巧なエアロダイナミクスを備えた最強トップグレード「ブラックシリーズ」にAMG GTを追加し、その実車を7月15日に世界初公開した。現行のAMG GT3のデザインを継承したその仮面の下には、史上最もパワフルなAMG V8エンジンを搭載する。

新型メルセデスAMG GTブラックシリーズは、あらゆる面で人々を魅了し感動させるような究極のマシンを体現すべく、AMGが本拠とするアファルターバッハのデザイナーたちが長年の専門知識を掛けて生み出した新作だ。

メルセデスAMG GT ブラックシリーズ 走行シーン 夕日

アレックス・アルボンFP2: 1位, FP1: 1位

sets/img/uploads/2020/07/new-mercedes-amg-gt-black-series-9.jpg” alt=”メルセデスAMG GT ブラックシリーズ 走行中のリア” class=”alignnone size-full wp-image-24939″ />

メルセデスAMG GT ブラックシリーズ 右リア

メルセデスAMG GT ブラックシリーズ 左リア

2006年のSLK 55 AMGにおいて初登場した「ブラックシリーズ」。最強ハードトップの2シーターにのみ許されるこのバッジをつけるのは新型AMG GTで6番目となる。AMGのプロダクトマネージャー、ヨエルグ・レッツェル曰く、例えばフロント・スピリッターを少し延長するだけでナンバープレートが取れず公道走行が禁止されるという。まさに公道仕様のレースカーだ。

メルセデスAMG GTに至るまでのブラックシリーズ全6台

ボンネット下に搭載されるフラットプレーン・クランクシャフトを採用した4リッターV型8気筒エンジンは、最高出力537kW(730馬力、6700-6900rpm)、最大トルク800Nm(2000-6000rpm)を誇り、その暴力的なパワーは7速AMG SPEEDSHIFT DCT 7Gデュアルクラッチトランスミッションを介して後輪へと伝達される。0-100km/h加速は3.2秒、僅か9秒で200km/hに達する。最高速度は325km/hに抑えられた。

メルセデスAMG GT ブラックシリーズ エンジン

エアロパッケージはAMG GT3やAMG GT4のレースカーを踏襲しており、大型化されたグリルや手動で調整可能なスプリッターを組み込んだフロントバンパーを備える。ボンネットとフェンダーには大型のエアベントが設けられ、冷却と空力効率の両方を向上させた。

メルセデスAMG GT ブラックシリーズ フロントフェンダーダクト

メルセデスAMG GT ブラックシリーズ フロントホイール

メルセデスAMG GT ブラックシリーズ フロントバンパー

メルセデスAMG GT ブラックシリーズ走行シーン 空撮

サイドシルパネルは前後のブレードに統合され、リアにはダブルディフューザーと2ピーススポイラーを装備。ウイング上部は電子制御で最大20度の調整が可能で、両ウイングとも手動での調整も可能となっている。

メルセデスAMG GT ブラックシリーズ リアディフューザー

メルセデスAMG GT ブラックシリーズ リアウイング

言わずもがな、新型ブラックシリーズにはカーボンファイバーが多用されている。ルーフやリアハッチなどのボディパネルはもちろん、トランスミッション・マウントやフロント・スタビライザーバーなどのパーツに至るまで惜しみなく投じられた。

他のGTモデルとの差別化のため、インテリアにはオレンジとシルバーのコントラストの効いたトリムを採用。標準装備のスタッガード10本スポークホイールはフロント19インチ、リア20インチで、ブラックシリーズのために特別にカスタマイズされたミシュランのパイロットスポーツカップ2 R MOタイヤを装着する。

メルセデスAMG GT ブラックシリーズ ミシュランのパイロットスポーツカップ2 R MOタイヤ

メルセデスAMG GT ブラックシリーズ ステアリング インテリア2

気になる価格だが、メルセデスはまだ価格設定を公表していない。

メルセデスAMG GT ブラックシリーズ 走行シーン

メルセデスAMG GT ブラックシリーズ フロントグリル