【動画】F1日本GP 2017年《決勝》ハイライト / 負の連鎖止まらぬベッテル、自力タイトルの望み潰えるcopyright FORMULA 1

【動画】F1日本GP 2017年《決勝》ハイライト / 負の連鎖止まらぬベッテル、自力タイトルの望み潰える

  • 公開日時:

鈴鹿でのレースを終えて、F1は2017年の日本グランプリ決勝レースの模様を6分26秒にまとめたハイライト動画を公開した。コメンテーターはデイビット・クロフトとマーティン・ブランドルの2人。

29回目のF1開催を迎えた鈴鹿サーキットの決勝は、金曜・土曜とは打って変わって晴れ渡る秋晴れに恵まれた。レースはメルセデスのルイス・ハミルトンがポール・トゥ・ウィンを決め、通算71勝目、今シーズン10度目の勝利を手にした。

チャンピオンシップで2位につけているセバスチャン・ベッテルは予選3番手、2番手バルテリ・ボッタスがギアボックス交換によってグリッド降格を受けたため、2番グリッドから逆転を目指した。アジアラウンド以降は不運続きのフェラーリ、その悪しき流れは鈴鹿でも変わらなかった。

レコノサンスラップ後には既に異変を察知していたフェラーリ陣営、ベッテルのエンジン不調を感じ取っていた。スタート後、出力の上がらないベッテルはズルズルとポジションを落とし、4周目にガレージにマシンを収めた。選手権をポイント差は59に拡大。今季王者獲得は絶望的な状況に追い込まれた。

F1日本グランプリ決勝動画の主な内容

紹介するのはレース中の注目シーンをまとめた映像。ナレーションが英語であるため、まずは動画の内容を簡単に紹介する。

トロ・ロッソ最後のレースをリタイヤで終えたカルロス・サインツ

決勝前日に翌戦からルノー移籍が発表されたカルロス・サインツ。3年に渡って所属したトロ・ロッソでの最後のレースは、僅か1周で終わってしまった。6コーナーでアウト側を走行中にグリップを失いコースオフ、そのままリタイヤとなった。「トロ・ロッソでの最後のレースをこんな形で終えたくなかった」ガレージに戻ったサインツはチームに謝罪した。

ホームストレートで3台に抜かれたセバスチャン・ベッテル
ガレージに押し戻されるベッテル

エンジンパワーが上がらないベッテルは、1周目のヘアピンでフェルスタッペンに、2周目のホームストレートで一気に3台に抜かれてしまった。チーム発表によれば、トラブルの原因はスパークプラグの故障だという。ノーポイントに終わったベッテル、自力での王者獲得は不可能な状況に追い込まれた。

マシンの不具合によって、勝てるレースを立て続けに落としてきたベッテルだが、「彼らはこれまで素晴らしい仕事をしてきた」と語り、フェラーリチームを擁護した。

マーカス・エリクソンはデグナーの餌食に

8周目、8コーナーでワイドに膨らんだマーカス・エリクソンがコントロールを失い、9コーナーのタイヤウォールに突き刺さった。「残念。でももう次のオースティンでの戦いを見据えているよ」とエリクソン、F3時代に慣れ親しんだ日本の地を後にする。

コソ練のランス・ストロールはホイールを破損

ポケットマネーを使って鈴鹿で”コソ練”を行ったランス・ストロール、S字を通過していた47周目に不運にも左フロントがパンクしマシンを降りた。だが、この時走行していたのは下から2つ目の15番手、ケビン・マグヌッセンと接触しポジションダウンした1周目で、ストロールの鈴鹿は終わっていた。

ブルーフラッグを無視したフェルナンド・アロンソ

51周目、スプーンと130Rの間の区間でブルーフラッグが振られたフェルナンド・アロンソ、後ろから迫るラップリーダーのハミルトンに道を譲らねばならなかったが、アロンソは前走するフェリペ・マッサとのポイントを懸けた10番手争いを演じていた。

ハミルトンを前に行かせたのは翌周のヘアピン、スチュワードは青旗無視の裁定を下し、アロンソにペナルティーポイントを科す決定を下した

マクラーレン・ホンダとして挑んだ最後のF1日本GP、参戦した3回のグランプリ全てで一度もポイントを獲れなかった。ホンダF1を率いる長谷川祐介は、「ファンとチームに心からの感謝を伝えたい」とのコメントを発表した。

シャンパンファイトするハミルトンとフェルスタッペンとリカルド

表彰台に上がったのはハミルトンとレッドブルの二人、ダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペンは満面の笑みでシャンパンファイトに興じた。

2017年F1日本GP決勝ハイライト動画
クリックすると動画配信先に飛びます

レースの詳細については、2017年F1日本GP決勝結果とダイジェストを参照されたい。

F1日本GP特集