2017年 F1日本GP:レース戦略とタイヤ分析データcopyright pirelli

2017年 F1日本GP:レース戦略とタイヤ分析データ

  • 公開日時:

2017年のF1日本GPにおけるレース戦略とタイヤ分析データをまとめた。ピットストップ回数、タイヤコンパウンド別の最速ラップと最長スティント、気温、路面温度、風速、湿度等のコンディションデータを以下に紹介する。

ピットストップ回数

主流となったピットストップ回数は1回、11名のドライバーが1ストップ戦略を取った。2ストップ勢はピエール・ガスリーとストフェル・バンドーンの2名のみ。スーパーソフトでスタートし、ソフトを挟んで最後に再びスーパーソフトを履いた。

ピレリは、スーパーソフト16周を2スティント走った後、ソフトに履き替える作戦が最速との事前予想をしていたが、該当する戦略を取ったドライバーは一人もいなかった。

1ストップ
ルイス・ハミルトン
マックス・フェルスタッペン
ダニエル・リカルド
バルテリ・ボッタス
キミ・ライコネン
エステバン・オコン
セルジオ・ペレス
ケビン・マグヌッセン
フェリペ・マッサ
フェルナンド・アロンソ
ジョリオン・パーマー
2ストップ
ピエール・ガスリー
ストフェル・バンドーン
4ストップ
パスカル・ウェーレイン

2017年F1日本GPピットストップサマリー
© pirelli

最長スティント

スーパーソフトでの最長スティントは、ダニエル・リカルド(レッドブル)、キミ・ライコネン(フェラーリ)、フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)の3名が走った25周。ソフトタイヤの最長スティントは、ジョリオン・パーマー(ルノー)が走った39周となった。

スーパーソフト
25周
ソフト
39周

ファステストラップ

タイヤコンパウンド別のファステストラップ。

スーパーソフト
バルテリ・ボッタス…1分33秒144
ソフト
ダニエル・リカルド…1分33秒694

コンディション

決勝当日の鈴鹿サーキットは好天に恵まれ、ドライコンディションとなった。

天候
晴れ
気温
25.5℃~27.3℃
路面温度
38.6℃~44.8℃
風速
0.0m/s~2.8m/s
湿度
52.2%~60.0%

F1日本GP特集