鈴鹿サーキットの立体交差の下を走るメルセデスW10のバルテリ・ボッタス、2019年F1日本GPフリー走行にてcopyright Daimler AG

1-2連取のメルセデス、台風19号の影響に迅速対応…アップデートも機能しペースも強力 / F1日本GP《初日》

  • 最終更新:

メルセデスAMGは鈴鹿サーキットに新型バージボードを投入。10月11日(金)に行われたF1第17戦日本GP初日セッションで共に、バルテリ・ボッタスがトップタイムを記録。ルイス・ハミルトンが2番手を連取し、完璧な1-2体制を築いた。

台風19号の影響のために、FP3が中止され予選が日曜へと延期されるイレギュラーな状況の中、チャンピオンチームは動じることなくこれに対処。土曜イベントの中止発表前に、あらゆる事態を想定して準備を進めていた。

「土曜走行の中止発表前に、我々はすでに土曜日用のタイヤをFP1で使う事を決めていたんだ」と明かすのは、エンジニアリングディレクターのアンドリュー・ショブリンだ。

「これが功を奏した。少しばかり前もってセットアップ作業を進める事ができたし、ドライバーたちも燃料が軽い状態での走行を多くこなす事ができた。それに、アップデートパーツも上手く機能してる」

仮に日曜の予選が何らかの理由で実施出来ない場合、決勝でフロントロウに並ぶのはシルバーアローの2台だ。鈴鹿でのW10はレースペースも強力で、フェラーリ対して0.6秒/周、レッドブル・ホンダに対しては0.9秒/周のアドバンテージを示しており、ライバルたちがこれを逆転するのは生半可ではない。

メルセデス:F1日本GP初日を終えて

ルイス・ハミルトンFP2: 2位, FP1: 2位

ホント、鈴鹿を走るのは本当に最高だ。セクター1のS字のところが向かい風だったんだけど、マジで最高だった。プログラムを消化できているし、全体として良い1日になったと思うけど、まだ仕事の最中だ。鈴鹿を完璧に攻略するなんてあり得ないんだから、いつだって改善の余地がある。

バルテリが良いペースを発揮してたし、現時点では悪くないポジションにつけてると思う。ここは本当に走っていて楽しいサーキットだから、またマシンを走らせるのが待ち遠しいね。日曜日に向けて万全の準備をするために、今日の夜と明日一杯を使ってデータを分析するつもりだ。

バルデリ・ボッタスFP2: 1位, FP1: 1位

僕らにとってかなり良い1日になったんじゃないかな。この手のマシンを鈴鹿で走らせるのはすっごく楽しい。全体的に出だしからフィーリングが良いし、クルマにはかなり満足してる。マシンバランスの改善のために、まだ幾らか微調整できる部分があるけど、ショートランもロングランも良い感じだ。

今日は、本来であれば土曜に使う予定だったタイヤを使えたし、天気ももってくれたから大量に走り込めた。良かったよ。予選にしろ決勝にしろ、日曜日は接戦になるはずだから、現状に甘んじちゃいられない。明日は予定外の休みになったけど、間違いなくチームが仕事を振ってくるだろうから暇になる事はないだろうな。データを見直して、最大限に活かしていきたい。


12日土曜に予定されていた2019年F1日本グランプリ3回目のフリー走行は、台風19号の影響で中止となり、公式予選は13日(日)午前10時開始へと延期され、午前11時までの1時間に渡って鈴鹿サーキットで開催される。

F1日本GP特集