ホンダF1の田辺豊治テクニカルディレクターcopyright Honda

ホンダF1、トロロッソの母国GPに気合十分「4戦連続入賞を目指す」F1イタリアGP《preview》2018

  • 最終更新:

ホンダF1の現場統括責任者を務める田辺豊治テクニカル・ディレクターが、2018年FIA F1世界選手権第14戦イタリアGPに先立って抱負を語った。スクーデリア・トロロッソは昨年のレースで、ダニール・クビアトが12位、カルロス・サインツが14位でチェッカーを受けた。

イタリアGPはレッドブル・トロロッソ・ホンダの母国GPであり、モンツァサーキットはトロロッソがセバスチャン・ベッテルと共にチーム初優勝を飾った特別な場所。2008年のグランプリでベッテルは、大雨の予選と決勝を完全制覇しポール・トゥ・ウィン。当時の最年少優勝記録を塗り替えた。

トロロッソ・ホンダは7月の第11戦ドイツGPから3戦連続入賞を続けており、田辺はトロロッソの母国レースでの記録更新に意欲を燃やしている。だが、華やかで歴史がある今回の1戦はエンジン全開率が80%にも達する超高速バトル。冷却にも厳しく、パワーユニットの限界性能が問われる事となる。

トロロッソの母国で4戦連続入賞を目指す

田辺 豊治ホンダF1現場責任者

イタリアGPはヨーロッパラウンド最後のグランプリであり、舞台となるモンツァ・サーキットには長い歴史と伝統があります。今年パートナーシップを結んでいるトロロッソはイタリアに拠点を置くチームですので、我々にとってもホームレースですし、いつにも増して特別な気持ちで週末に臨みます。

ベルギーGPが行われた先週のスパに続き、モンツァもまた高速サーキットとして知られるコースです。長いストレートを組み合わせたレイアウトが特徴で高いエンジン全開率を誇り、パワーユニットにはパワーと信頼性が求められます。我々のパッケージとは相性が悪く厳しい戦いが予想されますが、パフォーマンスを最大限に発揮し、母国の観衆の前で4戦連続のポイント獲得を目指して戦います。


イタリアGPの戦いの舞台となるのはフェラーリの聖地モンツァサーキット。1周5,793mのコースはエンジン全開率が80%近くにまで達する。昨年のグランプリでは、メルセデスのルイス・ハミルトンがポール・トゥ・ウインを果たし2連勝。2位はバルテリ・ボッタス、3位はセバスチャン・ベッテルという結果だった。

F1イタリアGPは日本時間2018年8月31日(金)18時からのフリー走行1で幕を開ける。

F1イタリアGP特集