モンツァ・サーキットを走るフェラーリのセバスチャン・ベッテル、2019年F1イタリアGPフリー走行にてcopyright Ferrari S.p.A.

フェルスタッペン、最速ベッテルに1000分の32秒差の2番手 / F1イタリアGP《FP3》結果とダイジェスト

  • 最終更新:

2019年F1第14戦イタリアGP土曜3回目のフリー走行が9月7日、一時間に渡ってモンツァ・サーキットで行われ、スクーデリア・フェラーリのセバスチャン・ベッテルが1分20秒294を記録し、公式予選前最後のプラクティス走行でタイムシート最上部につけた。

2番手はレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン。エンジン降格ペナルティが確定しているため、決勝を見据えて燃料を積み込み、ミディアムタイヤを3セット使ってのロングランに集中していたものの、ウィリアムズの2台のトウを得た事もあり、ベッテルに1000分の32秒と迫る速さを見せた。

セットアップも決勝仕様であった事を踏まえれば、否応なしにホンダ製スペック4エンジンのポテンシャルを感じさせる結果と言える。降格による最後尾スタートとなるため、この後行われる予選で全開アタックを行わないのが惜しまれる。

グランプリ2日目を迎えた現地スパは晴れ。直前に行われたFIA-F3選手権のレース1で、アレックス・プローニ(カンポス)のマシンが最終パラボリカで宙高く舞い、鉄製フェンスに激突するクラッシュが発生した事で、パラボリカの縁石を取り除く作業が行われたため、セッションは10分短縮される格好となった。

予選結果を占う最終プラクティスは気温19.8℃、路面26.1℃、湿度61.9%のドライコンディションでスタート。限られた時間の中、各チームは昨日からの変更点の成果を確認して慌ただしくロングランを終えた後、ラスト15分を切ると同時に、チームメイト同士でトウを分け与えての予選シミュレーションを行った。

この日のタイムシートは上位14台が1秒以内に収まり、トップチームとミッドフィールドとが接近。初日を支配したシャルル・ルクレールは4番手と、メルセデスのバルテリ・ボッタスに先行を許し、ルノーのダニエル・リカルドはルイス・ハミルトンを抑えて5番手につけた。

ホンダエンジン勢はFP2で全4台をトップ10に並べたものの、このセッションではアレックス・アルボンが8番手、ダニール・クビアトが10番手、ピエール・ガスリーが13番手という結果に終わった。とは言え、アルボンはトウを使わず単独走行でのタイムであり、また、ガスリーはフェルスタッペン同様に降格を受けるため、そもそも予選を重視したプログラムを行っていない。

F1イタリアグランプリ公式予選は、日本時間7日土曜の22時から全3ラウンド、計1時間に渡ってモンツァ・サーキットで行われる。

順位とタイム

Pos No Driver Team Time Gap Laps
1 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:20.294 14
2 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1:20.326 +0.032 11
3 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:20.403 +0.109 23
4 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:20.403 +0.109 14
5 3 ダニエル・リカルド ルノー 1:20.564 +0.270 11
6 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:20.595 +0.301 21
7 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:20.752 +0.458 13
8 23 アレックス・アルボン レッドブル・ホンダ 1:20.827 +0.533 17
9 99 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ 1:20.881 +0.587 15
10 26 ダニール・クビアト トロロッソ・ホンダ 1:20.945 +0.651 20
11 55 カルロス・サインツ マクラーレン・ルノー 1:20.949 +0.655 21
12 11 セルジオ・ペレス レーシングポイント 1:21.003 +0.709 15
13 10 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ 1:21.073 +0.779 22
14 4 ランド・ノリス マクラーレン・ルノー 1:21.292 +0.998 21
15 7 キミ・ライコネン アルファロメオ 1:21.325 +1.031 19
16 20 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 1:21.336 +1.042 16
17 8 ロマン・グロージャン ハース・フェラーリ 1:21.621 +1.327 16
18 18 ランス・ストロール レーシングポイント 1:21.639 +1.345 17
19 63 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ・メルセデス 1:22.374 +2.080 22
20 88 ロバート・クビサ ウィリアムズ・メルセデス 1:22.758 +2.464 21

コンディション

天気
晴れ
気温
19.8℃
路面温度
26.1℃

セッション概要

グランプリ名
F1イタリアGP
セッション種別
フリー走行3
セッション開始日時

サーキット

名称
モンツァ・サーキット
設立
1922年
全長
5793m
コーナー数
11
周回方向
時計回り

F1イタリアGP特集