2020年F1イタリアGP決勝のオープニングラップでピエール・ガスリーと接触したアレックス・アルボンcopyright Red Bull Content Pool

アレックス・アルボン、1周目の接触で1周あたり1秒の損傷「凄く辛い」ブービーフィニッシュ

  • Published: Updated:

F1第8戦イタリアGP決勝レースに挑んだレッドブル・ホンダのアレックス・アルボンは、オープニングラップの接触でフロアにダメージを負い、手負いのマシンで挽回を目指したものの、グリップとダウンフォース不足に苛まれ、失意の15位に終わった。

9番グリッドからスタートしたアルボンは、大混雑の1周目のターン1にアウト側からアプローチ。イン側にいたピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)と接触し、15番手にまで転落した。クリスチャン・ホーナー代表はこのダメージについて、1周あたり1秒のタイムロスに繋がったと説明した。

Pos Driver Team Laps Time PTS
14 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ・メルセデス 53 +36.593s 0
15 アレックス・アルボン レッドブル・ホンダ 53 +37.533s 0
16 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ 53 +55.199s 0

流れの悪さは伝播するもので、アルボンは更に、他車に十分なスペースを残さなかったとして5秒ペナルティを受けた。何とか挽回を目指して走行を続けたが、ピットタイミングでもコース上でも挽回できず、完走車両としては下から2番目の15位でフィニッシュした。

1周目の接触で1周あたり1秒の損傷「凄く辛い」

アレックス・アルボン決勝: 15位, グリッド: 9番手

楽しいレースではなかったし、15位という結果が僕らのパッケージの真の実力を反映していない事は明らかだ。

1周目のターン1の接触によってフロアの左側が破損してしまい、その後はタイムペナルティが科され、僕のレースは終わってしまった。グリップもなく、ダウンフォースもかなりの量が失われてしまったため、最後まで足を引きずるような長く険しいレースになってしまった。

週末に挑むに際して、チームとして厳しい週末になるだろうとは予想していたけど、今日のような状況になってしまったことで、予想以上に辛い戦いになってしまった。

素晴らしい一日になったアルファタウリの事を思うと嬉しいけど、僕らは集中力を切らさずに1週間後のムジェロに集中しなきゃならない。


9月6日(日)にモンツァ・サーキットで行われた2020年F1第8戦イタリアグランプリ決勝レースでは、10番グリッドからスタートしたピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)が波乱のレースを制してキャリア初優勝を飾った。2位はカルロス・サインツ(マクラーレン)。3位表彰台にはランス・ストロール(レーシングポイント)が滑り込んだ。

F1イタリアGP特集