2019年インディカー開幕セント・ピーターズバーグ予選を戦うレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングの佐藤琢磨copyright Honda

Indycar 開幕St.ピーターズバーグ予選:佐藤琢磨、ペナルティで20番手…パワーが8度目のPP

  • 最終更新:

2019年のNTTインディカー・シリーズ開幕セント・ピーターズバーグの公式予選が3月9日(土)に行われ、チーム・ペンスキーのウィル・パワーがポールポジションを獲得。セント・ピーターズバーグでのPPは過去10年で8度目。圧倒的な力を見せつけた。2番手にはジョセフ・ニューガーデンが続き、ペンスキーがフロントローを独占した。

レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングの佐藤琢磨は、第一ラウンド突破タイムを記録するも、ローカルイエローの原因を作り他車を妨害したとみなされペナルティ。その時点での自己ベストタイムが抹消となり、20番グリッドに終わる事となった。この結果、スコット・ディクソンがラウンド2へと進出。4番グリッドを手にした。

インディカー・シリーズ初の市街地コースとして、例年開幕の舞台を務めるセント・ピーターズバーグ。市内の運河沿いの公道と、空港の滑走路を組み合わせた独特のレイアウトが特徴。海側にはヨット・ハーバーが広がり美しい景観を持つ一方、市街地コースということで、一瞬のミスが大きな代償へと繋がる。

大注目の開幕セントピーターズバーグ決勝レースは、日本時間3月11日(月)25時からGAORA SPORTSで生放送される。視聴には、スカパーひかりTVとの契約が必要となる。

セント・ピーターズバーグ予選順位結果

Pos. Driver Team Session
1 ウィル・パワー Team Penske Round 3
2 ジョセフ・ニューガーデン Team Penske Round 3
3 フェリックス・ローゼンクビスト Chip Ganassi Round 3
4 スコット・ディクソン Chip Ganassi Round 3
5 ライアン・ハンター=レイ Andretti Round 3
6 アレキサンダー・ロッシ Andretti Round 3
7 ジャック・ハーベイ Schmidt Peterson Round 2
8 チャーリー・キンボール Carlin Round 2
9 ジェームズ・ヒンチクリフ Schmidt Peterson Round 2
10 グラハム・レイホール Rahal Round 2
11 コルトン・ハータ Harding Racing Round 2
12 ベン・ハンリー DragonSpeed Round 2
13 シモン・パジェノー Team Penske Round 1-1
14 ザック・ビーチ Andretti Round 1-2
15 エド・ジョーンズ Ed Carpenter Round 1-1
16 スペンサー・ピゴット Ed Carpenter Round 1-2
17 マルコ・アンドレッティ Andretti Round 1-1
18 マーカス・エリクソン Schmidt Peterson Round 1-2
19 セバスチャン・ブルデー Dale Coyne Round 1-1
20 佐藤琢磨 Rahal Round 1-2
21 トニー・カナーン AJ Foyt Round 1-1
22 マテウス・レイスト AJ Foyt Round 1-2
23 サンティノ・フェルッチ Dale Coyne Round 1-1
24 マックス・チルトン Carlin Round 1-2