テレビ放送

F1ハンガリーGP テレビ観戦ガイド:放送日程と天気…フジNEXTとDAZNライブ配信スケジュール

  • 最終更新:

2019年シーズンF1第12戦ハンガリーGPは、8月2日(金)から4日(日)までの3日間の日程で開催される。舞台となるのは「壁のないモナコ」と称され、オーバーテイクが極めて困難な事で知られるハンガロリンク

ホッケンハイムリンクは一周が僅か4.381kmしかなく、ストレートと呼べる直線区間は908mのホームストレートのわずか1本のみ。例年非常に暑くなるため、ドライバーへの身体的要求が厳しく、また、マシンの冷却性能が重要なファクターの一つとなり、ブレーキやエンジントラブルに注意が必要となる。

ハンガロリンクのコースレイアウト図、2018年版

どの位オーバーテイクが難しいのか? 昨年のレースで記録されたDRSなしの追い抜きは僅か1回のみ。事実上、DRS区間以外でのオーバーテイクは不可能と言える。

過去5年間の統計では、セーフティーカー出動率が60%、平均気温が32度、平均路面温度は50度に達しており、雨のセッションとなる確率は12%となっている。

F1ハンガリーGP決勝レース スタート直後のハンガロリンク
© Getty Images / Red Bull Content Pool

ハンガリーと日本との時差は7時間。いずれのセッションも日本時間夕刻以降の開催となるため、比較的リアルタイムで観戦しやすい。F1世界選手権ハンガリーグランプリはフリー走行3回、予選、そして決勝の全5セッションで構成される。地上波やBSでの無料生放送は行われない。視聴に際しては、有料放送か有料ネット配信サービスを利用する必要がある。

F1を見るための3つの方法

週末の現地天気

開幕初日金曜と予選が行われる土曜は、にわか雨または雷雨が予想されており、いずれも降水確率が60%を超えている。比較的高い確率でウェットコンディションとなる見通しだ。

決勝が行われる日曜日も天候がぐずつく可能性があるが、晴れ時々雨の予報となっており、3日間の中ではドライとなる可能性が最も高い。

いずれの日も気温25度から27度程度が予想されており、蒸し暑い日となりそうだが、日差しが期待できないため、路面温度が高くなる事はないだろう。

開催スケジュールと放送日程

フジテレビ及びDAZNともに、フリー走行、予選、決勝の全セッションがノーカット生中継される。

フジテレビNextスカパーは、スタジオから浜島裕英、今宮純、現地からは川井一仁、津川哲夫、米家峰起の各氏が解説を担当。実況は塩田康介アナと野崎昌一アナが務める。放送開始時刻は、フリー走行と予選はセッション開始10分前、決勝は40分前となる。

スポーツチャンネルDAZNでは、国際映像以外にもライブタイミングやオンボードカメラ映像を一つの画面で楽しめる「F1ゾーン」を配信している。下記はすべて日本時間。

セッション
開始時間
CS放送
フジテレビ
ネット配信
DAZN
FP1
8月2日(金)
18:00-19:30 17:50-
実況:塩田康介
解説:浜島/今宮/米家
18:00-
FP2
8月2日(金)
22:00-23:30 21:50-
実況:塩田康介
解説:浜島/今宮/津川
22:00-
FP3
8月3日(土)
19:00-20:00 18:50-
実況:野崎昌一
解説:川井/今宮/浜島
19:00-
予選
8月3日(土)
22:00- 21:50-
実況:野崎昌一
解説:川井/今宮/浜島
22:00-
決勝
8月4日(日)
22:10- 21:30-
実況:野崎昌一
解説:川井/今宮/浜島
22:10-

 

F1ハンガリーGP特集