スクーデリア・フェラーリの2019年マシンSF90copyright Ferrari S.p.A.

スクーデリア・フェラーリ、2020年型F1マシンを「SF1000」と命名か?

  • 最終更新:

スクーデリア・フェラーリの2020年型F1マシンは「SF1000」と呼ばれる事になるかもしれない。イタリア在住のジャーナリスト、ジャンルカ・ダレッサンドロが9日に伝えた。伊マラネッロのチームが今年、F1通算1000回目の出走を迎える事に由来するという。

フェラーリはライバルチームとは異なりシャシーの命名規則が一貫しておらず、どのような名前が付けられるのかについては新車発表まで待つ必要がある。ちなみに昨年のSF90は、フェラーリ創立90周年にちなんで命名された。

新型コロナウイルスの影響でスケジュール通りの開催が危ぶまれている中国グランプリ次第だが、フェラーリは今年、フランスあるいはオーストリアで出走記録の大台に乗る見通しだ。公式発表ではないため「SF1000」で確定とは言えないが、全ては11日(火)にロモロ・ヴァリ市営劇場で行われる新車プレゼンテーションイベントで明らかになる。

「671プロジェクト」というコードネームで開発が進められてきた「SF1000」なる車体は、1ヶ月前の1月13日にFIAクラッシュテストに合格。1月31日には、コックピット内でのポジション確認のために、セバスチャン・ベッテルが初めてシートフィッティングを行った。新車発表後の2月18日には、フィルミングデーを利用してバルセロナでシェイクダウンを行うものとみられる。

イタリアのチームは2007年のキミ・ライコネンを最後に、F1ワールドチャンピオンから遠ざかっている。昨年は強力なパワーユニットを武器に幾度となくメルセデスやレッドブル・ホンダを苦しめたものの、アメリカGPで勃発した不正疑惑以降は優勝争いに加われずコンストラクター2位に留まった。