上海インターナショナル・サーキットのグランドスタンドから見たホームストレートを走るトロロッソ・ホンダSTR14、F1中国GPcopyright Getty Images / Red Bull Content Pool

F1中国GP 最高速度:レッドブル・ホンダは下位、”弾丸”フェラーリが全計測地点で他を圧倒

  • 最終更新:

2019年シーズンのFIA F1世界選手権第3戦中国GP予選でのドライバー及びチーム別スピードトラップを集計した。一発の速さを競う予選セッションで最速を刻んだのは、メルセデスAMGのバルテリ・ボッタス。チームメイトを1000分の23秒退けてポールポジションを獲得した。

スピードトラップ

上海インターナショナル・サーキットのスピードトラップは、バックストレートの終端ターン14の240m手前の地点で計測される。トップスピードはエンジン馬力やスリップストリームの有無の他、計測地点前のコーナーの種類やトラクション性能、ダウンフォースレベルや車体の空気抵抗といった様々な要素で上下する。

上海インターナショナル・サーキットのコースレイアウト図、2018年版

まずはチーム別に最高速度を見てみる。ヘルムート・マルコに「ミサイルのようだ」と言わしめたスクーデリア・フェラーリが327.1kmでトップ。2番手以下を大きく引き離した。フェラーリはフィニッシュラインや他の2箇所の計測地点でも他を圧倒するスピードを記録した。

2019年F1中国GP予選最高速度ランキング

興味深いのはルノーワークスだ。ルノーがトップスピードで上位に食い込んだ週末は記憶にない。カルロス・サインツはルノーの今季パワーユニットについて、昨季よりも0.3秒~0.4秒程度パフォーマンスが向上していると語っている。

レッドブル・ホンダはウィリアムズに次いで遅く、他の3箇所の計測地点でも下位に沈んでいる。RB15は中速域でのアドバンテージを持ちつつも、低速と高速の両方のコーナーでメルセデスとフェラーリに劣っていた。

予選リザルトとしては、メルセデスが跳馬を圧倒して1-2を飾ったわけだが、仮にセバスチャン・ベッテルが全セクターを自己ベストで繋いでいた場合、フェラーリがポールを獲得していた計算となる。とは言え、同様の事はルイス・ハミルトンにも当てはまる。

フェラーリとメルセデスの4名が、全てのセクターをミスなく走行した場合を計算すると、ハミルトンがボッタスを0.245秒上回りポール。これにベッテルとルクレールがそれぞれコンマ1秒遅れで続く結果となる。つまり上海での週末はリザルト通り、メルセデスW10の方がフェラーリSF90より高い競争力を有していたと言って良い。

フェラーリは直線でのアドバンテージは大きかったものの、それはダウンフォース不足の裏返しとも言え、高速コーナーでは逆にシルバーアローに引き離されていた。ドライバー別では、ベッテルとルクレールが1-2を刻みフェラーリが断トツのトップを記録している。

Pos. Driver Team km/h
1 セバスチャン・ベッテル Ferrari 327.1
2 シャルル・ルクレール Ferrari 326.1
3 ダニエル・リカルド Renault 323.9
4 ケビン・マグヌッセン Haas 322.8
5 ダニール・クビアト Toro Rosso 322.1
6 セルジオ・ペレス Racing Point 322
7 バルテリ・ボッタス Mercedes 322
8 ロマン・グロージャン Haas 322
9 キミ・ライコネン Alfa Romeo 321.7
10 ニコ・ヒュルケンベルグ Renault 321
11 ランド・ノリス Mclaren 320.7
12 ランス・ストロール Racing Point 319.5
13 カルロス・サインツ Mclaren 319.3
14 ルイス・ハミルトン Mercedes 319.3
15 マックス・フェルスタッペン Red Bull 318.3
16 ジョージ・ラッセル Williams 317.2
17 ピエール・ガスリー Red Bull 315.5
18 ロバート・クビサ Williams 313.6
19 アントニオ・ジョビナッツィ Alfa Romeo 146.1

F1中国GP特集