アルファタウリの新作を着たダニール・クビアトcopyright Getty Images / Red Bull Content Pool

ダニール・クビアト、進化したAT01で今年も入賞へ / F1オーストラリアGP《preview》

  • Published:

アルファタウリ・ホンダのダニール・クビアトが、2020年FIA F1世界選手権開幕オーストラリアGPに先立って抱負を語った。クビアトは昨年のメルボルンで1年ぶりにF1復帰を果たし、15番グリッドからオーバーテイクを重ねて、復帰戦で見事10位入賞を果たしてみせた。

ダニール・クビアト

今年のウインターテストではバッチリ走り込めたし、新しいシーズンに向けた準備は出来ている。バルセロナテストでは新しいマシンの特性を学び、新たなセットアップの方向性をたくさん試す事が出来た。オーストラリアとバーレーンの序盤2連戦で更に明確な答えが得られるはずだから今から楽しみなんだ。

レギュレーションに大きな変化がないから、僕ら中団チームにとってはトップに挑むチャンスになるわけだけど、中団争いはより激しさを増すだろうね。接近した楽しいバトルが出来ることを祈ってる。

テストでは新しいマシンの挙動を確認したけど、あれは興味深かった。例年より2日少なかったから大変ではあったけど、クルマの挙動をなるべく早く理解するために、さまざまなことを試して大きな成果を得る事ができた。

開発の進捗には満足してる。マシンのベストを引き出すために全力を尽くしてるしね。昨年と比べて明らかに進歩してはいるけど、ライバルと比較した場合についてはまだ分からない。でも感触的には良いポテンシャルを感じているし、それを引き出せるかは僕ら次第だ。

いよいよメルボルンで新シーズンが始まる。オーストラリアへは毎年、初めてここでレースをした時と同じようにエキサイティングな気持ちで向かうんだ。ここは伝統的なタイプのコースだし他とはかなり違うから、いつも本当に楽しみにしてる。

テスト地のバルセロナの路面は比較的スムーズだけど、ここはバンピーな公道路面だから何だか少し変な感覚にとらわれる。バンプのせいで正しいセットアップを見つけるのが難しいし、金曜日は路面がかなり汚れているから余計に大変なんだ。でもセッション毎にラバーが載るから、グリップは次第に改善するけどね。

アルバート・パーク・サーキットは公道コースとしては高速の部類だし、コーナーを攻めたり上手く縁石を使ったり走るからドライビングという点でも楽しい場所なんだ。


オーストラリアGPの舞台となるのは、1周5.303km、全16コーナーを有するアルバート・パーク・サーキット。ドライコンディションとなった昨年のグランプリでは、バルテリ・ボッタス(メルセデス)が22戦ぶりに優勝し、2位にルイス・ハミルトン(メルセデス)、3位にマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が続く結果となった。

F1オーストラリアGPは、日本時間3月13日(金)10時からのフリー走行1で幕を開ける。

F1オーストラリアGP特集