ガレージへと押し戻されるアルファタウリ・ホンダAT01、2020年F1バルセロナテスト4日目copyright Getty Images / Red Bull Content Pool

アルファタウリ・ホンダF1、不測の事態に備えてリザーブチームを準備

  • Published:

アルファタウリ・ホンダのフランツ・トスト代表は、チームメンバーの中に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の発症者が出た場合に備えて、予備のレースチームを準備している事を明らかにした。

F1は7月のオーストリアGPでのシーズンを開幕を目指しており、感染の拡大防止のためにイベント前はもとより、レースウィーク中も2日間に1度のウイルステストが義務付けられるが、仮にチームメンバーから陽性反応が出た場合、濃厚接触という観点から周りのクルーまでもが隔離を強いられる可能性がある。

フランツ・トスト代表はドイツ・ミュンヘンに本社を置く南ドイツ新聞のインタビューに応じて、予期せぬ事態に見舞われたとしても確実にレースを戦えるように、メカニックやエンジニアなど、予備のレースチームを準備している事を明かした。

「スタッフがウイルスに感染した場合、議論の余地はない。すぐに病院に行くか、検疫に入る必要があるため、チームを交代させる必要が出てくる。今、その準備をしているところだ」とトスト代表は語る。おそらくはファエンツァのチームだけでなく、全てのライバルも同様に、バックアップ体制を整えてくるものとみられる。

陽性反応が出た場合、チームは当該従業員の行動履歴を洗って接触者をリストアップする必要がある。ガレージの中で作業に取り組むメカニックやエンジニアに感染者が出た場合、チーム全体の入れ替えを強いられる可能性は否定できず、バックアップチームなき場合、出走が困難になる事が想定される。