予選に向けて準備するレッドブル・ホンダのアレックス・アルボン、2019年F1シンガポールGPにてcopyright Getty Images / Red Bull Content Pool

F1ロシアGP:レッドブル・ホンダ、パルクフェルメ規定違反でアルボンがピットスタート

  • 最終更新:

FIA国際自動車連盟はF1ロシアGP決勝レースのスタートを1時間半後に控え、レッドブル・ホンダのアレックス・アルボンがパルクフェルメ規定違反により、ピットレーンスタートとなる事を発表した。

アルボンは予選Q1の試技の際に、魔のターン13で追い風に煽られクラッシュ。車体後部を中心にダメージを負った。チームは決勝に向け、予選時とは異なるスペックのフロアへと交換。レギュレーションでは、予選時と決勝時のマシン仕様を同一とする事を定めており、これに抵触する事となった。

またチームは、新品のギアボックスへと換装し、更にホンダは、ターボチャージャーとMGU-H、MGU-Kの3つのコンポーネントを交換した。この結果アルボンは、15グリッド+5グリッドの計20グリッド降格を受けたものの、フロア交換によるピットスタートが優先されるため、グリッドからスタートする事はない。

F1ロシアGP特集