ヤス・マリーナ・サーキットを走るスクーデリア・フェラーリのセバスチャン・ベッテルcopyright Ferrari S.p.A.

F1アブダビテスト初日午前《結果》セバスチャン・ベッテルが暫定トップ、ハースはマシントラブル

  • 最終更新:

2018年を締め括るF1アブダビテストが27日(火)午前9時にスタート。5時間が経過したところでスクーデリア・フェラーリのセバスチャン・ベッテルが45周を走り込み、1分36秒812をマーク。暫定トップに立った。

この日のヤス島も快晴。公式の昼休み休憩が入らないため、チームは各々適時昼食を取り、セッションは午後18時までノンストップで続行される。

最も走り込んだのはトロロッソ・ホンダSTR13のステアリングを握るショーン・ゲラエル。71周は決勝レース1回分以上の距離に相当する。逆に走り込めなかったのはハースから出走するピエトロ・フィッティパルディで18周。マシンに技術的な問題が発生し、現在ガレージ内で修復作業が行われている。

来季デビューを手にしたジョージ・ラッセルはベッテルから2.7秒遅れの6番手。2001年以来にザウバーのマシンに乗り込んだキミ・ライコネンは、先日までのチームメイトから5.479秒遅れの10番手となっている。

F1アブダビテスト初日午前 順位結果

Pos. Driver Team Time Tyre Lap
1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1分36秒812 45
2 バルテリ・ボッタス メルセデス 1分37秒231 62
3 マックス・フェルスタッペン レッドブル 1分37秒947 58
4 セルジオ・ペレス フォース・インディア 1分37秒976 67
5 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1分38秒789 59
6 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ 1分39秒512 42
7 ショーン・ゲラエル トロロッソ・ホンダ 1分40秒435 71
8 ランド・ノリス マクラーレン 1分40秒516 64
9 キミ・ライコネン ザウバー 1分40秒832 48
10 ピエトロ・フィッティパルディ ハース 1分42秒291 18

F1アブダビGP特集