107パーセントルールcreativeCommons funkandjazz

107%ルール

  • 最終更新:

107%ルールとは、決勝レース出場の要件を定めたもので、公式予選においてポールポジションタイムから107%以内のタイムを記録出来ないドライバーは、決勝レースへ参加できないというルール。決勝の前日までに、レーススチュワードが出場資格を判断する。

1996年から2002年まで施行された後に一時廃止。2011年シーズンより復活した。真っ先に餌食になったのはヒスパニア・レーシング。「あまりにもタイムが遅すぎるチームの存在はレースを危険なものにする」というのがこのルールの設計思想となっている。