オーバーテイクcreativeCommons ph-stop

アンダーカット

  • 最終更新:

アンダーカット(英:undercut)とは、タイヤ交換を利用したオーバーテイク・テクニックのこと。新旧タイヤのパフォーマンス差を利用してトラックポジションを上げる戦略の一つ。反義語はオーバーカット(英:overcut)。

アンダーカットの仕組み

まずは、ターゲットとなるライバル車両よりも先にタイヤ交換を実施。フレッシュなタイヤに履き替える事で、性能の落ちた古いタイヤを履き続けているターゲットよりも好ペースを刻み、次にライバルがピットへと入ったタイミングで前に出る。

古いタイヤと新しいタイヤとのパフォーマンス差を利用しオーバーテイクするのがアンダーカットというわけだ。

具体例

具体例で説明しよう。”佐藤琢磨”と”川井一仁”という架空のドライバーがレースをしているとする。川井一仁は佐藤琢磨の3秒前を走っており、両者ともに全く同じペースで10周目のラップを走行中。ピットストップにかかる時間を20秒とする。

10周目の終わり、佐藤琢磨はタイヤを履き替えるためピットへと入る一方、川井一仁はそのまま周回を続ける。ピットアウトした時点での両者の差は23秒。新しいタイヤを履いた佐藤琢磨は、当然川井一仁よりも速いペースを刻む事が出来る。ここでは1周あたり2秒速いペースとする。佐藤琢磨はニュータイヤのアドバンテージを活かして走行を続ける。

古いタイヤを履き続けていた川井一仁は、佐藤琢磨がピットストップを行った2周後、つまり12周目にピットへと入る。佐藤琢磨は川井一仁よりも1周あたり2秒速いペースで2周を走っているため、川井一仁がピットインしたタイミングでの両者の差は19秒。川井一仁がタイヤ交換を終えピットから出てくるとき、佐藤琢磨はジャスト1秒前を走行している。これがアンダーカットだ。

川井一仁は遅いタイヤで2周分余計に走行してしまったがために、ピットアウトした時に佐藤琢磨に抜かれてしまった、というわけである。

2010年以前は存在しなかったアンダーカット戦略

2010年以前、つまりピレリが公式タイヤサプライヤーを務める以前のF1においては、アンダーカットなるものは存在しなかった。なぜならば、ピレリ以前のブリジストンタイヤは、走行摩耗による性能劣化が極限にまで抑えられていたため、新品タイヤに交換してもラップタイムは向上しなかったからだ。

ピレリのワンメイクになったことによって「ショーとしてのタイヤ」が求められることになり、意図的に性能が劣化するように設計されたタイヤが導入され、これによって初めてアンダーカット戦略が可能となったわけである。