2021年型アストンマーチンF1マシン「AMR21」スタジオショット細部ーフロントウイングCourtesy Of Aston Martin Lagonda Limited

フロントウイング

  • Updated:

フロントウイングとは、マシンのノーズ(車の最前方)先端に付いている大型のエアロパーツのこと。車体のあらゆるパーツの中で一番先に前方から流れてくる気流に触れる。後方の全てのパーツの空気の流れに影響をあたえる為、非常に重要なエアロパーツである。マシン全体で発生するダウンフォースの3割がフロントウイングによるものと言われている。

フロントウイングは大きく分けて、メインプレーンと呼ばれる主翼と数枚のフラップ(可動翼)で構成されている。

メインプレーンはフロント側のダウンフォースの大部分を生み出す部分で、その角度は固定されているが、フラップはドライバーを使って角度調整できるよう作られており、ダウンフォースレベルを変更する事ができる。

メインプレーンとフラップを含めたウイング全体を一つのパーツとして見ると、そのフォルムは飛行機の翼を逆にしたような形状(底面の方が車体後方に向かって大きく湾曲)となっており、路面とウイングとの間に負圧が発生。これによりダウンフォースを得ている。

フロントウイングの役割

  • ダウンフォースを得る
  • 後方に向かう空気の制御
  • フロントタイヤ周りの乱流の制御

レッドブル・ホンダRB15とフェラーリSF90のフロントウイング比較copyright Formula1 Data

レッドブル・ホンダRB15とフェラーリSF90のフロントウイング比較

フロントウイングの両端には翼端板と呼ばれるパーツが付けられており、フロントタイヤ周りを流れる気流を制御し、以後に流れる空気を整流している。同じウイングと名のつくリアウイングよりも役割が重要なため、頻繁にアップデートされる。(チームによってはほぼ毎戦)

F1技術解説:初心者向け空力学