互いの表彰台を称え合うアストンマーチンのセバスチャン・ベッテルとアルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリー、2021年6月6日F1アゼルバイジャンGPCourtesy Of Aston Martin Lagonda Limited

セバスチャン・ベッテルが30分超の赤旗中にクルマを降りなかった超意外?な理由にピエール・ガスリーが反論

  • Published:

F1第6戦アゼルバイジャンGPの決勝レースは、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)のタイヤブローによって最終盤に30分超の赤旗中断を強いられた。

ホームストレートに飛び散った破片と大破した車両の回収、そして同じ様に左リアタイヤの故障で事故に至ったのがレース中2回目という事もあり、レッドフラッグが長引くと判断したドライバー達はピットレーンで停車した後、クルマを降りてガレージへと向かっていった。

だが、再開後の2周のスプリントレースを終えて2位表彰台に上がる事になるセバスチャン・ベッテル(アストンマーチン)はこの間、クルマの中に留まり続けた。一体なぜなのか?

F1アゼルバイジャンGP決勝後のトップ3会見に出席したレッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスとアルファタウリ・ホンダとピエール・ガスリーとアストンマーチンのセバスチャン・ベッテルCourtesy Of Red Bull Content Pool

F1アゼルバイジャンGP決勝後のトップ3会見に出席したペレスとガスリーとベッテル

決勝セレモニー後のFIA会見の中でベッテルは、「”ゾーン”から出たくなかったし、気を散らしたくなかったんだ。実際、今日は最大限の結果を残せたと思うよ」と説明した。

とは言え、赤旗中断は5分や10分といった長さではなかった。会見場の中央に座っていた優勝者のセルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)が「でも、凄い長かったよね(笑 」と突っ込むと、ベッテルは秘密を打ち明けた。

会見場で談笑するアストンマーチンのセバスチャン・ベッテルとレッドブル・ホンダのセルジオ・ペレス、2021年6月6日F1アゼルバイジャンGPにてCourtesy Of Red Bull Content Pool

会見場で談笑するベッテルとペレス、2021年6月6日F1アゼルバイジャンGPにて

「僕のマシンは凄く快適でね。それに僕はクルマの中でおしっこをしない数少ないドライバーの一人なんだ。何だったら今回以上に長くクルマに留まっていられるんだぜ」

流石にこれには、3位フィニッシュしたピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)が笑いながら噛み付いた。

「マシンの中でおしっこする奴なんているの??」

ベッテルはすかさず「勿論さ。逆にキミはしないの?」とお道化てみせると、ガスリーは「しないよ!するわけないじゃん!」と否定した。

ベッテルは「グリッドの半分位のドライバーはしてると思うよ。僕はしないし、一度もしたことないけどねー。一度だけ試してみた事があるんだけど、ダメだったんだ!」と補足した。

余談だが、ガスリーはF1シートが得られず全日本スーパーフォーミュラ選手権へと武者修行に送り出されたデビュー以前に、ベッテルの元を訪れアドバイスを求めるなど、4度のF1ワールドチャンピオンを師と崇め「心の底から尊敬」している。

アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーにシャンパンを吹きかけるアストンマーチンのセバスチャン・ベッテル、2021年6月6日F1アゼルバイジャンGP表彰台セレモニーにてCourtesy Of Red Bull Content Pool

ガスリーにシャンパンを吹きかけるベッテル、2021年6月6日F1アゼルバイジャンGP表彰台セレモニーにて

F1アゼルバイジャンGP特集