カッセル部品工場では、フェイスシールドホルダーに3Dプリンターを使用copyright Volkswagen

VW:ポルシェやランボルギーニ等、新型コロナ用に医療品を生産

  • Published:

フォルクスワーゲングループは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)危機に対し、3Dプリントによるフェイスシールドホルダーの生産を開始した。

これはエアバスと約250社が含まれる3Dプリントネットワーク「Mobility Goes Additive」との合同多国籍イニシアチブの一環として行われるもので、完成したパーツはハンブルクからマドリッドへと運ばれスペインに寄贈される。

3Dプリンターで生産されたフェイスシールド用ホルダー: カッセル部品工場のミヒャエル リスマン
© Volkswagen

ワーゲングループは現在、様々な工場で50台を超える3Dプリンターを使用しており、フェイスシールドホルダーはウォルフスブルグやインゴルシュタットの大規模な3Dプリントセンターだけでなく、アウディ、ベントレー、ブガッティ、ポルシェ等、傘下のブランドの工場でも生産される。また、今後更なるプリンターの導入が予定されている。

高レベルの衛生状態を確保するため、ホルダーを生産するフォルクスワーゲンの従業員は、手袋とフェイスマスクを着用する。

フォルクスワーゲンはこれまでに、ドイツの公衆衛生システムに数十万の医療用フェイスマスクを寄付している他、医療センターや病院に総額約4,000万ユーロ相当の医療用品を寄付することを決定しているが、これと同時にランボルギーニ、セアト、シュコダなどの工場で他の医療品の生産にも取り組んでいる。

スペインのフォルクスワーゲン・ナバラは既にフェイスシールドの生産を開始しており、ナバラ州政府に約1,000枚を収めた。シュコダはプラハ工科大学と協力して、再利用可能なFFP3マスクを製造するための3Dプリントプロセスを開発。ランボルギーニは、ボローニャのサンタガタの生産施設の一部を改造して、サージカルマスクとプレキシガラス製の保護シールドを生産している。

また、正式な承認待ちではあるものの、セアトはマルトレルで組み立てられる人工呼吸器の製造や、様々なモデルのフェイスマスクの生産などを含むいくつかのイニシアチブに共同で取り組んでいる。

フォルクスワーゲンは3Dプリンタ-を 使用しフェイスシールドを生産
© Volkswagen