5番手発進も午後は沈んだバンドーン「トラフィックとバランスに苦労した」F1アメリカGP 2017《初日》copyright svandoorne

5番手発進も午後は沈んだバンドーン「トラフィックとバランスに苦労した」F1アメリカGP 2017《初日》

  • 公開日時:

フェルナンド・アロンソの車に油圧の問題が出たことで、ストフェル・バンドーンのF1アメリカGP初日は極めて慌ただしいものとなった。可能な限り多くのデータを収集するため、バンドーンはアロンソに用意されていた走行プログラムをもカバーした。

エアロ相関作業、新しい空力パーツのテスト、タイヤテストと多くのタスクをこなしたバンドーンは、26周を走破し1回目のフリー走行を5番手タイムで終えた。印象的な出だしであったが、セットアップが変わった午後の2回目セッションではマシンバランスに苦労し15番手に沈んだ。

今季最大のチャンス到来

ストフェル・バンドーンFP1: 5位, FP2: 15位

全体的に言えば、今日はまぁまぁの金曜日になったんじゃないかな。午前のFP1は難しいコンディションだったけど終盤にはドライになったね。新しいエアロパーツをテストしたし、かなり慌ただしいプラクティスだったよ。COTAを走るのが初めてだって事を思えば、良いパフォーマンスだったんじゃないかな。

FP2はちょっとタフだったよ。コース上のトラフィックに手こずっちゃったし、マシンバランスにも100%満足できなかったし。でも、ロングランのペースはぼちぼち良いんじゃないかな。予選セットアップでの走りよりは、ロングランのペースの方が感触良かったんだ。

明日に向けて改善の余地は大きいよ。何をしなきゃならないのかは分かってる。ライバル達にもっと接近できると思うよ。


マクラーレン・ホンダはバンドーンに8基目のICEを投入、日曜の決勝では5グリッド降格が科される見通しとなっている。2017年第17戦 F1アメリカGP三回目のフリー走行は、10月22日(日)午前1時から、予選は同日6時からサーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)で行われる。

F1アメリカGP特集