トヨタが開発中の、GRスーパースポーツをベースとした2020-2021シーズンWEC世界耐久選手権参戦車両copyright TOYOTA MOTOR CORPORATION

トヨタ、WEC世界耐久選手権2020-2021年シーズンへの参戦を表明…ベース車はGRスーパースポーツ

  • 最終更新:

TOYOTA GAZOO Racingは14日、同日午前にACOフランス西部自動車クラブが、2020年秋に導入予定の新技術レギュレーションの最終発表を行なった事を受け、FIA世界耐久選手権(WEC)2020-2021年シーズンへの参戦を表明した。

トヨタは既に、現行のLMP1規定で競われる最終2019-2020年シーズンに参戦する事を発表しているが、2020年秋に始まる新世代耐久レース車両で競うトップカテゴリーに引き続き参戦する事になる。

投入されるのは、トヨタが現在市販に向けて開発中のGRスーパースポーツ(仮称)をベースとするハイブリッド・プロトタイプ車両。トヨタ自動車本社と同東富士研究所、そしてケルンに本拠を置くToyota Motorsport GmbH (TMG) によって開発が進められており、2020-2021年シーズン開幕前の”適切なタイミング”でテスト走行を行う予定だという。

参戦マシンの名称やベース車両の詳細については現時点では非公開としているが、トヨタは昨年、現在WECに投入している「TS050 HYBRID」とほぼ同じ主要パーツで構成されたコンセプトカー「GRスーパースポーツコンセプト」を東京オートサロンで公開。2.4リッターV6ツインターボチャージャーとトヨタハイブリッドシステム・レーシング(THS-R)を搭載し、高効率のEVシステムと希薄燃焼エンジンの組み合わせにより、出力合計1000馬力を誇る21世紀のスーパースポーツカーの存在が明らかにされている。

ルマン24時間レースのプレスイベントに登場したルマン24時間レースのプレスイベントに登場したTS050 HYBRIDとGRスーパースポーツコンセプト

TOYOTA GAZOO Racing Companyプレジデントを務める友山茂樹氏は、新世代WECで「スポーツカーメーカーとしても、確固たる地位を築きたい」との意気込みを示した。

「FIA及びACOによるレギュレーション策定のための惜しみない努力に感謝いたします」と友山プレジデント。「この新レギュレーションにより、数々のマニュファクチャラーがWEC、及びル・マンに参戦し、耐久レースのさらなる繁栄を願っています」

「TOYOTA GAZOO Racingとしては、新たな時代の耐久レースでの激しい競争を通じて、レースチームとしてだけではなく、スポーツカーメーカーとしても、確固たる地位を築きたいと思っています。ファンの皆様、我々のライバル達も新時代のWEC、及びル・マンを大変楽しみにしていると、確信しています」