ルマン24時間レースのプレスイベントに登場したルマン24時間レースのプレスイベントに登場したTS050 HYBRIDとGRスーパースポーツコンセプトcopyright Toyota Motorsport GmbH

GRスーパースポーツコンセプトが市販化に向け発進!トヨタ、開発着手を仏ルマンで発表

  • 最終更新:

TOYOTA GAZOO Racingは6月15日(金)、仏ル・マン24時間レースの会場で「GRスーパースポーツコンセプト」を公開、市販化に向けた開発に着手した事を発表した。同コンセプトカーは6月16日(土)から翌17日(日)のル・マン24時間レースの期間中、会場内ファンビレッジのTOYOTA GAZOO Racingブースにて展示される。

「GRスーパースポーツコンセプト」は、FIA世界耐久選手権(WEC)に参戦しているレーシングマシン「TS050 HYBRID」とほぼ同じ主要パーツで構成されたコンセプトカー。心臓部には、実戦で鍛えられた2.4リッターV型6気筒直噴ツインターボチャージャーとトヨタハイブリッドシステム・レーシング(THS-R)を搭載する。

高効率のEVシステムと希薄燃焼エンジンの組み合わせにより出力合計1000馬力(735kW)を誇る一方、環境性能も両立。現時点で熱効率(システム効率)は50%を実現、更なる向上を目指し開発が進められている。

トヨタは過去6年間に渡って世界耐久レース最高峰への挑戦を継続。その目的は、レースでの勝利ばかりでなく、世界最先端のハイブリッド技術とEVシステムの開発を推進し、究極の環境性能と突出した走行性能を高次元で両立させる点にもある。

ルマン24時間レースのプレスイベントに登場したTS050 HYBRIDとGRスーパースポーツコンセプト
© Toyota Motorsport GmbH

ルマン24時間レースのプレスイベントに登壇したGAZOO Racing Companyの友山茂樹プレジデントは、GRスーパースポーツコンセプトについて「市販車両をレベルアップしてスポーツカーをつくるのではなく、現役のレーシングカーからスポーツカーを作るという、トヨタにとっては全く新しい挑戦」とコメント。市販化に向けての意気込みを語った。

お披露目イベントには、16日から始まるルマン24時間レース本戦を戦う7号車の小林可夢偉、マイク・コンウェイ、ホセ・マリア・ロペスの他、前日にポールポジションを獲得した8号車の中嶋一貴、セバスチャン・ブエミ、フェルナンド・アロンソらも参加。GRスーパースポーツコンセプトの新たな船出に華を添えた。