Mooseのロゴが掲載されたトロロッソ・ホンダSTR14

トロロッソ・ホンダ、Mooseとのスポンサー契約を発表…アルボンがアンバサダーに

  • 最終更新:

トロロッソ・ホンダは7月22日、タイ最大手のワイナリーであるサイアム・ワイナリー傘下の高級アップルサイダー「Moose(ムース)」との新しいスポンサー契約を発表した。ムースはこれと合わせて、同国出身のアレックス・アルボンをブランド・アンバサダーとして起用する。

今回のオフィシャルパートナー契約によって、トロロッソ・ホンダの今季型マシンSTR14及びドライバーのレーシングスーツ、そしてF1ドイツGP以降のアレックス・アルボンのヘルメットに、同ブランドのロゴが掲載される。

サイアム・ワイナリー社のKhun Varit Yoovidhya副社長は「アレックスは、途方もない粘り強さと決意を併せ持っており、タイの若きアスリートにとっての完璧なロールモデルだ。ジュニア部門で成功を収めた後、彼はトロ・ロッソでF1のチャンスを手にした。彼の才能、スピード、そしてそのキャラクターは既に多くの人々に感銘を与えている」と述べた。

アレックス・アルボンは「ムース・クラフト・サイダーは若々しい野心的なタイのブランドであり、アンバサダーになれて本当に名誉に思う。母国タイにおけるF1人気の高まりを象徴する出来事だし、僕は本当にハッピーだよ」と語り、チーム代表を務めるフランツ・トストは、タイ企業とのスポンサー契約は「国内におけるアレックス人気の高まりと、我々トロロッソ・ホンダの競争力向上を明確に示している」と述べた。

ムースは発酵させたりんごジュースから作られたアルコール飲料で、厳選されたヨーロッパ産の最高品質のりんごを使い、地元タイの職人によって製造されている。

F1ドイツGP特集