トロロッソ・ホンダSTR13のノーズにプリントされたホンダのロゴcopyright Honda

トロロッソ・ホンダ「STR13 Prototype」、4月の鈴鹿2&4レースでの特別展示が決定

  • 最終更新:

鈴鹿サーキットを運営する株式会社モビリティランドは30日、2018年4月21日(土)と22日(日)に開催される「2018 NGKスパークプラグ 鈴鹿2&4レース」にて、レッドブル・トロロッソ・ホンダのF1マシン「STR13 Prototype」の展示を行う事を発表した。

トロロッソ・ホンダは、去る3月17日(土)に東京六本木ヒルズアリーナで開催した特別イベント「Red Bull Toro Rosso Honda DAY in TOKYO」に、昨年マシン「STR12」を今季レギュレーション向けにアレンジにした「STR13 プロトタイプ」を持ち込んだ。イベント終了後、STR13プロトは26日(月)まで青山のホンダ・ウェルカムプラザにて特別展示されていた。

Red Bull Toro Rosso Honda F1マシンの鈴鹿サーキット登場は今回が初。特別仕様のSTR13は上記期間中、Enjoy Hondaエリアに展示される。間近での写真撮影が許可されており、インスタ映えする接写写真の撮影が楽しめる。

鈴鹿2&4レースは、国内トップカテゴリーである二輪の「全日本ロードレース JSB1000クラス」と四輪の「スーパーフォーミュラ」の開幕レースを同時開催するスペシャルイベント。チケットは全席自由席で大人4000円からとなっており、公式オンラインショップの他、大手コンビニや各種プレイガイドで前売り券が発売中となっている。詳しくは、鈴鹿サーキット公式WEBサイトの初心者向けチケット購入ガイドを参照されたい。