カタロニア・サーキットの様子、2019年F1バルセロナテストcopyright Pirelli & C. S.p.A.

F1バルセロナテスト2日目がスタート、好天に恵まれマグヌッセンがトップ発進

  • 最終更新:

2019年第2回インシーズン・バルセロナテストの最終2日目のセッションが、現地午前9時に気温14℃、路面温度30℃のドライコンディションでスタート。大きなアクシデントなく、2時間が経過した。

現時点で暫定トップタイムを記録しているのは、ハースのケビン・マグヌッセン。冠スポンサーを務めるリッチ・エナジーの敗訴の報が飛び交う中、26周を走行し1分18秒102をマークした。

2番手は、初日にクラッシュを喫したカラム・アイロットからバトンを引き継いだアルファロメオのベテラン、キミ・ライコネン。3番手には、ピレリの2020年型プロトタイプタイヤを履く、スクーデリア・フェラーリのシャルル・ルクレールが続いている。

レッドブル・ホンダはこの日、レッドブルの支援を受けて今季スーパーフォーミュラに参戦するダン・ティクタムが担当。リアウイング前方に大型のエアロレイクを装着し、26周を走り込んでいる。トロロッソはアレックス・アルボンが23周を走り、10番手タイムを刻んだ。

この日は、マクラーレンのみ二人のドライバーを起用。午前は今季フォーミュラEに参戦しているオリバー・ターベイが、午後はFIA-F2選手権に参戦するセルジオ・セッテ・カマラがMCL34のステアリングを握る。

テストは現地13時まで行われた後、一時間のランチブレイクを挟み、現地14時から18時まで午後の部が開催される。午前の4時間のセッションが終わり次第、結果をお伝えする。

第2回プレシーズンテスト《最終2日目》開始2時間速報

Pos Driver Team Time Tyre Laps
1 ケビン・マグヌッセン ハース 1:18.102 26
2 キミ・ライコネン アルファロメオ 1:18.578 21
3 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:18.666 開発ー 41
4 ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ 1:19.602 29
5 アントニオ・フォッコ フェラーリ 1:19.821 28
6 ジャック・エイトケン ルノー 1:20.648 14
7 ニキータ・マゼピン メルセデス 1:20.769 40
8 ランス・ストロール レーシングポイント 1:21.196 開発 16
9 オリバー・ターベイ マクラーレン 1:21.459 22
10 アレックス・アルボン トロロッソ・ホンダ 1:21.706 23
11 ニック・イェロリー レーシングポイント 1:22.134 11
12 ダン・ティクタム レッドブル・ホンダ 26
13 セルジオ・セッテ・カマラ マクラーレン