F1シンガポールGP《決勝》結果とダイジェスト / 史上初の雨ナイトレース、フェラーリ2台を含む8台がリタイヤcopyright F1

F1シンガポールGP《決勝》結果とダイジェスト / 史上初の雨ナイトレース、フェラーリ2台を含む8台がリタイヤ

  • 公開日時:

F1史上初のウェットナイトレースになった2017年の第14戦シンガポールGP、全20台中8台がリタイヤ、計3度のセーフティーカーが出動した。荒れたレースを制したのはメルセデスのルイス・ハミルトン。他の追随を許さない圧倒的な速さを見せ3連勝、チャンピオン争いのリードを28に広げた。規定周回数61を走り終える前に2時間が経過したため、レースはレギュレーションに基づき途中終了となった。

2位となったのはレッドブルのダニエル・リカルド、予選とは打って変わりメルセデスを脅かすような場面は一度も見せられなかった。車に問題を抱えていたとの情報もある。3位はバルテリ・ボッタス、スタート直後の混乱をくぐり抜け、チームに多くのポイントをもたらした。4位にはトロ・ロッソのカルロス・サインツ、F1での自身決勝最高位を更新した。今季限りでシートを喪失するルノーのジョリオン・パーマーは、6位となり2度目の入賞を果たした。

60勝目を喜ぶルイス・ハミルトン
©MercedesAMGF1

気温28度、路面34度のマリーナベイ市街地コースには、スタート前から雨が落ち、セッション中の降水確率は100%という波乱を予感させる状況でレースが始まった。コンディションの見極めが難しく、各車のタイヤ選択は分かれた。インターミディエイトを選択したのはフェラーリ、メルセデス、レッドブル、トロロッソの各二台とハースのグロージャン、他はフルウエットをチョイスしてレースに臨んだ。

案の定スタートは大混乱、好スタートを切ったキミ・ライコネンがマックス・フェルスタッペンを抜きにかかったものの両者が接触、連鎖的にポールのセバスチャン・ベッテルとポジションを大幅に上げていたフェルナンド・アロンソを巻き込む多重クラッシュが発生した。ベッテルを含むフェラーリ2台とフェルスタッペンの3台がリタイヤ、優勝候補3台がオープニングラップで姿を消した。

シンガポールGPでマシンにダメージを負ったフェルナンド・アロンソ
©F1

好スタートをみせポジションを大幅に上げたアロンソは、マシン左リアのフロアにダメージを負った。何とか走行を続けるも、ピットからのマシン監視が不可能な状態に陥り、結果9周目にリタイヤした。マクラーレン・ホンダの僚友ストフェル・バンドーンはキャリア最高の7位に入った。

フェルスタッペンはクラッシュの原因はベッテルにあるとの見解を示した。「セバスチャンが僕を左に追いやったんだ。たぶん彼にはキミが見えてなかったとは思うけど、それは言い訳にはならないよ。チャンピオン争いしてるんだから、あんなリスクは負うべきじゃないよ」

一時は表彰台まで後ひとつの4番手を走行していたルノーのニコ・ヒュルケンベルグは、トラブルのためにレース終盤に緊急ピットイン、残り14分のところでガレージにマシンを停める事になった。ヒュルケンベルグはF1出走129回にして一度も表彰台を獲得できておらず、不名誉な記録を更新した。

サインツが活躍した一方、ダニール・クビアトは11周目に壁に突き刺ささり2度目のセーフティーカーの原因を作った。ザウバーのマーカス・エリクソンは、38周目にリアからスピンして壁に激突、3度目のセーフティーカーを呼び込んだ。ハースのケビン・マグヌッセンは残り11分のところでエネルギー回生を司るMGU-Kが破損しレースを終えた。

順位とタイム

Pos No Driver Team Laps Time Pts
1 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 58 2:03:23.544 25
2 3 ダニエル・リカルド レッドブル・タグホイヤー 58 +4.507 18
3 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 58 +8.800 15
4 55 カルロス・サインツ トロロッソ 58 +22.822 12
5 11 セルジオ・ペレス フォースインディア・メルセデス 58 +25.359 10
6 30 ジョリオン・パーマー ルノー 58 +27.259 8
7 2 ストフェル・バンドーン マクラーレン・ホンダ 58 +30.388 6
8 18 ランス・ストロール ウィリアムズ・メルセデス 58 +41.696 4
9 8 ロマン・グロージャン ハース・フェラーリ 58 +43.282 2
10 31 エステバン・オコン フォースインディア・メルセデス 58 +44.795 1
11 19 フェリペ・マッサ ウィリアムズ・メルセデス 58 +46.536 0
12 94 パスカル・ウェーレイン ザウバー・フェラーリ 56 +2 laps 0
NC 20 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 50 DNF 0
NC 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 48 DNF 0
NC 9 マーカス・エリクソン ザウバー・フェラーリ 35 DNF 0
NC 26 ダニール・クビアト トロロッソ 10 DNF 0
NC 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン・ホンダ 8 DNF 0
NC 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 0 DNF 0
NC 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・タグホイヤー 0 DNF 0
NC 7 キミ・ライコネン フェラーリ 0 DNF 0

コンディション

天気
気温
28℃
路面温度
33℃
路面温度
58

レース概要

グランプリ名
シンガポールGP
レース種別
決勝
レース開始日時
サーキット名
マリーナベイ・ストリート・サーキット
サーキット設立年
2008年
コース全長
5073m
コーナー数
23
周回数
61周
周回方向
反時計回り

F1シンガポールGP特集