カタロニア・サーキットを走行するレッドブルホンダRB15、バルセロナテスト初日copyright Getty Images / Red Bull Content Pool

レッドブル、ホンダPUを絶賛「車体とエンジンとが完璧に統合、過去最高に美しい」

  • 最終更新:

F1バルセロナテストの舞台、カタロニア・サーキットに姿を見せたレッドブル・レーシングのクリスチャン・ホーナー代表は、新しくパートナーとなったホンダの2019年エンジンを絶賛。これほどまでに車体と一体になったエンジンは見たことがないと語った。

「エンジンパワーは今のF1で圧倒的に重要な要素だ。それはともかく、RB15へのエンジンの組み込みは、これまでに経験した中でベストと言わざるを得ない」とホーナー代表。「シャシーとエンジンとが完璧に統合され、その姿は美しくさえある」

「エンジニアリングチーム全員がホンダと連携して素晴らしい仕事をしてくれた。それはまるでスイス時計の組立作業のようですらあった」

2019年仕様のホンダRA619Hを搭載したRB15は、セッション開始直後に些細なトラブルに見舞われたものの、一日を通して目立った問題もなく128周を走行。マックス・フェルスタッペンは昨年で言うところのソフトタイヤを履き、最速を刻んだセバスチャン・ベッテルから1.265秒遅れの1分19秒426をマークしタイムシート4番手につけた。

まだトラック上での一日が終わっただけではあるものの、ホーナー代表はホンダのワークスチームである事にアドバンテージを見出している。

「単なるカスタマー供給の関係性とは正反対だ。ホンダとの関係は”真のパートナーシップ”であり、既にそのメリットを感じている。もちろん銀の弾丸などありはしない。お互いが相手の強みや弱みを理解していくに従って、徐々に成果が出てくるものだと考えている。だからこそ、それに関して期限を設けていないのだ」

「昨年のトロロッソはホンダと共に大きなステップアップを果たした。我々はそれを評価してホンダと提携する決意を固めたわけだが、今のところあらゆる物事が本当に印象的だと言わざるを得ない。(テスト開幕前の状況で)ファクトリーに4基の完成エンジンが持ち込まれたのは過去12年で初めての経験だ。こんな事はいまだかつてなかった事だ」