シルバーストン・サーキットでホンダ新型NSXをドライブするレッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンCourtesy Of Red Bull Content Pool

必見:Honda eに新旧NSXでのカーチェイス!フェルスタッペンとペレス、ホンダ製品で遊び呆ける

  • Published:

Honda eや新旧NSXなど、F1パワーユニットサプライヤーを務めるホンダ製品を全面的にフューチャーした動画「Factory Days With Max And Checo | Powered By Honda」がレッドブル・レーシングによって公開された。

「至って普通のミルトンキーンズでの1日」とのテロップで始まるこの動画は、レッドブル・ホンダのF1ドライバー、マックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスの2人が、英国ミルトンキーンズにあるファクトリーでバイク、バギー、乗用車、スポーツカーといった様々なホンダ製品を乗り継ぎながら楽しく競い合う様子を収める。

初の量産型EV「Honda e」で狭いファクトリー構内を走行する様子や、フィルミングデーを利用した先月末の英国シルバーストン・サーキットでの2021年型F1マシン「RB16B」のシェイクダウンの際に行われた新旧NSXでのカーチェイスは必見。ファンにとって見応えのある内容に仕上げられている。

レッドブルは長年に渡りプロモーションを重視してきたチームで、過去には無重力状態でピットストップを行ったり、世界で最も標高の高いマーシミク峠でF1マシンを走らせたりと、他にはない独特な試みでファンの関心を集めてきた。

レーシングポイントF1チームから移籍してきたばかりのペレスにとって、こうした”レッドブル的悪ふざけ”は初めての体験で、収録を振り返って「本当に楽しかった!」と笑顔を見せていた。

全く嫌味のない広告に仕上がっており反応も上々のようだが、何故ホンダはこれまで積極的にF1を使って自社製品のプロモーションを行ってこなかったのだろうか? アストンマーチンがチームのタイトルスポンサーを務めていた影響なのだろうか。勿体ない。

レッドブルのロゴで彩られたHonda eには所有欲求をそそられる。