第6シーズンの日産e.damsのドライバーを務めるセバスチャン・ブエミとオリバー・ローランド

日産e.dams、フォーミュラE 第6シーズンのドライバーランナップを発表

  • 最終更新:

ABB FIAフォーミュラE選手権に参戦する日産e.damsは5日、2019年11月22日に開幕を迎えるシーズン6で、セバスチャン・ブエミとオリバー・ローランドを継続起用することを発表した。

新シーズンは、2019年11月22日~23日にサウジアラビアのリヤドで行われるダブルヘッダーイベントで開幕。チリのサンティアゴ、メキシコシティー、香港、ローマ、パリ、ソウル、ベルリン、ニューヨークなどの都市で開催され、2020年7月25~26日にロンドンで行われるダブルヘッダーイベントが最終戦となる。

日産自動車株式会社は「ニッサン インテリジェント モビリティ」のパフォーマンス訴求のために、アライアンスを組むルノーに代わってシーズン5よりフォーミュラE選手権へのフル参戦を果たし、第12戦ニューヨークePrixでの初勝利を含め、7度の表彰台とシリーズ最多となる6度のポールポジションを獲得。デビューイヤーをチームランキング4位で締め括った。

ブエミはシーズン終盤に4戦連続で表彰台を獲得してランキング2位となり、トロロッソ・ホンダでF1デビューするアレックス・アルボンに代わり後任を務めたローランドは、ルーキー最多得点を挙げた。

日産は全戦でスーパーポールシュートアウトへと進出。また、プラクティスや予選など、2名合わせて17回のセッションでトップタイムを記録するなど、数々の優れたパフォーマンスを発揮した。

日産e.damsの初勝利は第12戦。過去これまでに12勝、14ポールポジション、7つのファステストラップ記録を保持するブエミが、勝ち星を13へと伸ばした。またローランドは、シーズンを通して10回のセッションでトップタイムを記録。中国三亜で行われた第6戦では、日産に初の表彰台をもたらした。

ブエミはラインナップの継続とシーズン6への見通しについて「シーズン6には幾つかのメーカーが新規参入するけど、僕らはチームとして経験を積み、競争力はさらに高まっている。ローランドが再びチームメイトになるのは素晴らしい。継続性が重要だ」と語った。

日産グローバルモータースポーツディレクターを務めるマイケル・カルカモは「シーズン6のドライバーラインナップには、自信をもってこの2人を選んだ。ブエミは、ルーキーイヤーであるローランドのサポートにも最善を尽くしてくれたし、常にチームを前進させることを優先してくれた。ブエミが日産にもたらしてくれた初勝利を誰も忘れることはないだろう」と語った。