フォーミュラE選手権に参戦する日産e.damsのレースカーCourtesy Of Nissan

日産e.dams、2026年までのフォーミュラE長期参戦を発表

  • Published:

日産自動車株式会社は3月24日(水)、2025-2026年に開催されるシーズン12までFIAフォーミュラE選手権への参戦を継続すると発表した。

日産はフランスのレーシングチーム「DAMS」と提携して「日産e.dams」を名乗り、2018-2019年のシーズン5より日本の自動車メーカーとして唯一フォーミュラEに参戦している。

最初の2シーズンでは「市販車からレースカーへ」という技術目標を掲げ、日産リーフの開発で得た経験をレーシングカーのパフォーマンス開発に活用。デビューシーズンでは予選で数々の記録を打ち立て、2シーズン目にはチーム選手権で2位に輝いた。

フォーミュラEでは2022-2023年のシーズン9より「Gen3」と呼ばれる更に速くパワフルなマシンが導入される。日産はこれを見据え「レースカーから市販車へ」の取り組みに着手。技術競争が激しいレース界において技術力をアピールし、EVのさらなる普及を目指すとしている。

日産のグローバル・モータースポーツ・ダイレクターを務めるトマソ・ヴォルペはフォーミュラEへの参戦の意義を「日産の電動化技術を世界中に示すだけでなく、より持続可能なモビリティを提供するという同社の取り組みを示す絶好の機会」と説明した。

日産は、2050年までに事業活動を含むクルマのライフサイクル全体におけるカーボンニュートラルを実現するため、2030年代早期より主要市場に投入する新型車をすべて電動車両とすることを目指している。

ユネスコ世界遺産内に設定されたディルイーヤ・ストリート・サーキットを舞台に開幕を迎えたばかりのシーズン7初戦は、フォーミュラEとしては初のナイトレースがダブルヘッダーで開催され、日産e.damsは14ポイントを獲得した。第3戦は4月10日にローマで開催される。