足に肘をついて座るレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン、2020年F1エミリア・ロマーニャGPにて
copyright Red Bull Content Pool

モンゴル政府、フェルスタッペンの「人種差別的かつ侮辱的な発言」を受けてFIAとレッドブルに抗議

  • Published:

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンの「人種差別的かつ軽蔑的な発言」が国際問題に発展しつつある。モンゴル政府は、アルガルベ・サーキットで開催されたF1第12戦ポルトガルGPで問題視されていたフェルスタッペンの無線での発言について、スポーツの統治機関である国際自動車連盟(FIA)に対して正式な苦情を申し入れた。

フェルスタッペンはポルトガルGPの2回目のフリー走行中に、レーシングポイントのランス・ストロールと接触してクラッシュを喫した。怒りに震えた若きオランダ人ドライバーは事故の直後、無線を通して知的障害者を侮辱する「retard」や、ダウン症の人やモンゴル人を差別する「Mongol」なる言葉を使っていた。

一件についてフェルスタッペンは、事故当日に「僕の問題ではない」として一蹴したが、スコットランドに拠点を置く国際的慈善団体「モンゴル・アイデンティティ」がフェルスタッペン並びにF1に対して抗議する事態へと発展。イモラで開催された第13戦エミリア・ロマーニャGPのFIA金曜記者会見でフェルスタッペンは態度を一転し、誤った言葉遣いだったと認めたが、直接的な謝罪はなかった。

事態を重く見たレッドブルのモータースポーツ・アドバイザーを務めるヘルムート・マルコは事件後、「二度と起こしてはならない」としてフェルスタッペンに厳重注意を行った他、クリスチャン・ホーナー代表は「チームラジオでのマックスの発言は看過できるものではない」として、イモラでの週末を前に内々で話し合った事を認めている。

こうした状況の中、モンゴルのルンデグ・ピュアブスレン国連大使はこの問題発言を巡って、FIAに対して以下の書簡を送った。

「2020年10月23日に開催されたF1世界選手権ポルトガルGPの練習中に、レッドブルのドライバー、マックス・フェルスタッペンが公の場で人種差別的かつ道義に反する言葉を口にしたことを遺憾に思う」

「スポーツは世界中において団結の象徴と考えられており、私はスポーツにおいて人種差別があってはならないと考えている」

「私は反人種差別を掲げるF1の”We Race as One”という取り組みを支持しているが、先のような事件があった事を考えると、この取り組みが現実に即しているかどうかは疑問だ」

「レッドブルのドライバーであるマックス・フェルスタッペンが如何なる民族にであれ人種差別的で侮辱的な言葉を繰り返し使用していたという容認できない行動に対し、私は国際自動車連盟(FIA)が再発防止のための措置を講じることを確信している」

なお英Autosportが伝えたところによると、モンゴル政府はFIAだけでなく、レッドブル社のディートリッヒ・マテシッツCEO並びに、レッドブル・レーシングのタイトルスポンサーを務めるアストンマーティンのトビアス・モアーズCEOにも同様の書簡を送ったという。

レッドブル並びにF1、FIAは現時点で本件に関して沈黙を保っている。

F1エミリア・ロマーニャGP特集