F1モナコGP決勝レースを戦うトロロッソ・ホンダSTR14copyright Red Bull Content Pool

トロロッソ・ホンダ、有言実行 ダブル入賞を達成「誇れるリザルト」F1モナコGP《決勝》

  • Published:

26日(日)に行われたF1第6戦モナコGP決勝を終えて、トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトとアレックス・アルボンがレース内容と週末を振り返った。クビアトは7位、アルボンは8位でフィニッシュし、チームとしては目標に掲げていたダブル入賞を果たした。

当日は雨の可能性もあったため、戦略的に非常に難しいシチュエーションであったが、トロロッソのピットは状況を的確に読みつつ、あらゆる可能性を考慮して見事にこれをオペレートした。

テクニカルディレクターを務めるジョナサン・エドルズは「何が起きても対応できるよう、ストラテジーの選択肢をオープンにしていた。ドライバーは見事にタイヤを管理し、ピットは堅実な仕事を果たした。ポイントに見合う仕事ぶりだった」とチーム全体を称賛した。

フランツ・トスト代表は「モナコのような難しいレースで2台がトップ10フィニッシュしたことに非常に満足している」とご満悦。更に「ホンダエンジンを積んだ4台全てがトップ8でフィニッシュした。本当に嬉しく思う」と付け加えた。

トロロッソ:F1モナコGP決勝を終えて

ダニール・クビアト決勝: 7位, グリッド: 7番手

僕らは昨日の予選でとても力強く、その勢いのまま良いレースができたんだから本当に良い気分さ。スタートでは周りの流れに身を任せる他に手がなかったよ。ガスリーがアウト側から攻めてきたんだけど、あれはクリーンなブレーキングだったし、イン側にいた僕にはラインを変える事が出来なかった。それでも、今日は力強いレースができて本当に嬉しい。

大量のポイントを獲得できて本当に満足だよ。チームワークも最高だったし、上手くレースをマネージメントすることができた。ファンのサポートもすごかったしね! モナコでの7位は誇れるリザルトだよ。この数週間、どこを改善すべきか、どうしたら速く走れるのかを解明するために、懸命に努力してきたし、それがちゃんと実ったんだ。

これからもポイントを取り続けられるように毎週改善していく必要がある。マシンのパフォーマンスは良いから、この方向性で改善を続けていくことが必要だ。

アレックス・アルボン決勝: 8位, グリッド: 10番手

素晴らしい戦略だった!チームには本当に感謝している。ポイント獲得のチャンスがあるのは分かっていたけど、実現できたのはチーム全員が素晴らしい仕事をしたからだ。モナコでは、ブレーキングが遅れたりロックアップしたりすればレース終了になってしまうしね。

レースでは終始、前のマシンに接近して走るのが難しく、タイヤマネージメントが一番の難問だった。ソフトタイヤはそんなに長くは保たなくて、デグラデーションのせいで振動が酷かった。それでも、レースは楽しかったし、2台揃ってポイントを獲得できたんだから最高だよ!


78周で争われた決勝レースでは、メルセデスのルイス・ハミルトンがポール・トゥ・ウインを果たし、2位にフェラーリのセバスチャン・ベッテル、3位にバルテリ・ボッタスが続く結果となった。

F1モナコGP特集