エルマノス・ロドリゲス・サーキットのコースの様子copyright Pirelli

2018 F1メキシコGP 最高速度比較:フェラーリエンジン勢が突出、ルノー勢との速度差が顕著

  • 最終更新:

10月27日に開催された2018 FIA F1世界選手権第19戦メキシコGP予選でのドライバー・チーム別のスピードトラップを以下にまとめる。土曜の現地メキシコシティは今にも雨が降り出しそうな雲に覆われたもののウェットになる事はなく、レッドブルのダニエル・リカルドが1分14秒759のコースレコードでポールを獲得した。

スピードトラップ

空気抵抗が低いために例年高いトップスピードが注目を集めるエルマノス・ロドリゲス・サーキットのスピードトラップは、第一DRS区間の終端に位置するターン1の234m手前で計測される。

最高速を叩き出したのはスクーデリア・フェラーリのキミ・ライコネン(予選6番手)。時速356.4kmを記録しトップに立った。昨年はフォース・インディアのエステバン・オコンが355.6km/hで最速を記録。これよりも1キロ程上回った。

最も遅かったのはルノーエンジンを搭載するマクラーレンのストフェル・バンドーン(予選17番手)。僅か時速335.7kmと、最速のライコネンに比べて28km/hも遅いスピードに留まった。ホンダの旧型スペック2パワーユニットを搭載したトロロッソ・ホンダは、ブレンドン・ハートレー(予選14番手)が時速345.9kmで14番手を記録した。

ポールポジションを獲得したレッドブルのダニエル・リカルドは時速341.9kmで17番手。スピードトラップが計測されるセクター1のベストラップで8番手と奮わなかったものの、その後に続く高速のセクター2と低速のセクター3で共にファステストタイムを記録し挽回。最前列を獲得した。

Pos. Driver Team km/h
1 キミ・ライコネン Ferrari 356.4
2 マーカス・エリクソン Sauber 354.2
3 セバスチャン・ベッテル Ferrari 354.2
4 シャルル・ルクレール Sauber 352.1
5 エステバン・オコン Force India 350.3
6 ランス・ストロール Williams 350
7 ケビン・マグヌッセン Haas 349.6
8 セルジオ・ペレス Force India 349.4
9 ルイス・ハミルトン Mercedes 348
10 ロマン・グロージャン Haas 347.8
11 セルゲイ・シロトキン Williams 347.2
12 バルテリ・ボッタス Mercedes 347.2
13 マックス・フェルスタッペン Red Bull 346.5
14 ブレンドン・ハートレー Toro Rosso 345.9
15 ピエール・ガスリー Toro Rosso 345.7
16 ニコ・ヒュルケンベルグ Renault 343
17 ダニエル・リカルド Red Bull 341.9
18 カルロス・サインツ Renault 341.6
19 フェルナンド・アロンソ Mclaren 339.3
20 ストフェル・バンドーン Mclaren 335.7

2018年F1メキシコGPチーム別予選最高速度表

チーム別に最高速度を見てみると上位2チームがフェラーリPU勢で、これに最高速番長フォース・インディアが続く結果となった。ルノーエンジン勢は総じて低い速度に留まっており、フェラーリエンジン勢との速度差はかなり顕著と言える。

なお、決勝レースではオコンが364.9km/hを記録しトップ。これにキミ・ライコネン、ロマン・グロージャン、のフェラーリPU勢が続いた。ホンダ勢はピエール・ガスリーが360.3km/hで5番手。最も遅かったのは5周目にリタイヤを喫したマクラーレンのフェルナンド・アロンソで332.6km/hであった。

F1メキシコGP特集