2020年F1トスカーナGPでポールポジションを獲得し拳を突き上げるメルセデスのルイス・ハミルトンcopyright Daimler AG

メルセデス、ルイス・ハミルトンとのF1契約更新を発表…2021年のみの単年

  • Published: Updated:

F1世界選手権に参戦するメルセデスAMGペトロナスF1チームは2月8日(月)、7度のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンとの契約更新を正式発表した。両者はF1での9シーズン目を迎える事になる。

チームは「2021年の新たな契約に合意した」とし、また最高経営責任者兼チーム代表のトト・ウォルフは「このスポーツにおける関係性をもう1シーズン延長した」している事から、契約は2021年のみの単年と見られる。

参戦契約と合わせて、両者はモータースポーツ界における多様性並びにインクルージョンの推進に向けて共同で慈善財団を立ち上げることにも同意した。

マルクス・シェーファー非常勤会長は「ルイスは自分を取り巻く世界を深く気にかけ、影響を与えたいと願う心の温かい性格の持ち主だ。我々メルセデス・ベンツは企業として、こうした責任感を共有している」と述べた。

契約延長に際してルイス・ハミルトンは「メルセデスの皆と一緒に9年目のシーズンを迎えられる事に興奮している。共にこれまで多くを成し遂げてきたわけだけど、今後もこの成功を更に積み上げていきたい」との談話を発表した。

「僕は将来世代のために、モータースポーツをより多様性のあるものにしていきたいと思っている。今年はモータースポーツにおける多様性推進のための財団を立ち上げることで、この取り組みをさらに進めていく。3月にサーキットに戻るのが待ち遠しい」

プレシーズンテストまで残り1ヶ月。契約更新が異例と言えるほどに遅れた事についてトト・ウォルフ代表は「関係継続という事で我々は常に足並みを揃えていたが、昨年は(新型コロナの影響で)異常な年であったため、交渉を終えるのに時間がかかってしまった」と説明した。

ルイス・ハミルトンは2007年にメルセデス製F1エンジンを搭載するマクラーレンでF1デビューを果たし、これまでの266戦全てで同社のエンジンを使用してきた。

2013年にメルセデスのワークスチームに移籍した後は74勝をマーク。6回に渡って世界の頂点を制した。昨年はミハエル・シューマッハが持つ史上最多優勝記録を更新。”皇帝”と並ぶ7度のF1ワールドチャンピオンに輝いた。