マレーシアGPでのフェルナンド・アロンソcopyright HONDA

バンドーンに敗北したアロンソ「新しいエアロが上手く機能してない気がする」F1マレーシアGP 2017《予選後》

  • 最終更新:

F1マレーシアGP予選を終えて10番手となったフェルナンド・アロンソは、新しく投入されたエアロパーツが上手く機能していないのではと疑う。マクラーレン・ホンダはアロンソのマシンにのみアップデートを投入、バージボード周りが一新されている。

アロンソは予選Q1をギリギリで通過、ベッテルの不遇のエンジントラブルがなければ、Q1敗退の可能性もあった。Q3ではチームメイトのストフェル・バンドーンが1分31秒582で7番グリッドを獲得、アロンソはバンドーンの後塵を拝した。

アロンソは、金曜フリー走行の段階では新パーツの恩恵は確実に存在していたとコメントするも、予選と3回目のフリー走行が行われた土曜では、本当に上手く機能しているのか良くわからない、と述べ、詳細な調査が必要だと主張した。

新しい空力パーツを調べ直す必要がある

フェルナンド・アロンソ予選: 10位, FP3: 11位

今週末の出来については満足しているし、マシンのパフォーマンスは良かったよ。2台が揃って予選Q3に進出できたのは、マクラーレン・ホンダがステップアップしてる証拠さ。

これまでのところは良い週末になってるけど、ドライコンディションでポイントを獲得するのは難しいだろうね。僕らには失うものなど何もないから、雨が降ったり止んだりするような状況になれば助けになるんだけど。まぁ、ドライでもそこそこ速さはあるし、仮に雨が降らなかったとしても、ポジションを守るために頑張るよ。

6番手から14番手はかなりの接戦だし、厳しいレースになるだろうね。万全に準備しておかなきゃ。もしドライでポイント圏内に留まる走りができれば前進だよ。でも、セバスチャンが追い上げてくるだろうから、上位10台の中に留まるのは難しいだろうね。

今回投入した新しいエアロアップデートは、昨日は上手く機能してたんだけど、今日はそんなに良くもなかった気がするんだ。ちょっと調べてみる必要があるね。


最後の開催となるF1マレーシアGP決勝レースは、日本時間10月1日(日)16時からセパン・インターナショナル・サーキットで行われる。

F1マレーシアGP特集