メルセデスW12を駆るバルテリ・ボッタスとレッドブル・ホンダRB16Bをドライブするマックス・フェルスタッペン、2021年9月10日F1イタリアGPのフリー走行にて
Courtesy Of Daimler AG

サインツが赤旗クラッシュ!メルセデスがレッドブル・ホンダ勢を退けトップ / F1イタリアGP《FP2》結果とダイジェスト

  • Published:

2021 F1第14戦イタリアGPの最終プラクティスとなるフリー走行2が現地9月11日(土)に開催され、メルセデスのルイス・ハミルトンが1分23秒246を記録。スプリント予選を前に全20台のトップに立った。

2番手はバルテリ・ボッタス。通常のレースウィークとは異なり既に予選が終了しているという点でタイムシートの意味は大きくないが、英国で新たなアップグレードを得たメルセデスW12が低ダウンフォースのモンツァで好調なのは間違いない。

レッドブル・ホンダ勢はマックス・フェルスタッペンが3番手、セルジオ・ペレスが4番手を刻んだ。ロングランペースではメルセデスと張り合う速さを見せた。高速のモンツァの苦手とするレッドブル。チャンピオンシップ争いという点でダメージを最小限に抑える事が求められる。

メルセデスがソフトタイヤとハードタイヤで走行を繰り返したのに対し、レッドブル・ホンダはミディアムとソフトで周回を重ねた。

初日とは異なり土曜の現地モンツァは日差しに恵まれ、予選・決勝と同時刻帯のプラクティス2は気温24℃、路面35℃のドライコンディションでスタートした。

セッションの半分を消化しようかというタイミングで、地元フェラーリのカルロス・サインツがアスカリ・シケインでクラッシュした。ターン8の出口でアクセルを踏んだ際にリアを滑らせ、SF21はバリアに直撃してフロントサスペンションとノーズが破損。12分間に渡って赤旗が続いた。

かなりの衝撃を受けたようで辛そうな様子をみせていたが、幸いにも自力でクルマから降りてメディカルカーに乗った。FIAレースディレクターを務めるマイケル・マシによると1回目の検査は無事クリアとの事で、1時間後に再び医師のチェックを受ける。

問題はクルマの損傷具合だ。スプリント予選までに残された時間は3時間半。スクーデリアのメカニック達は非常に慌ただしい時を過ごすことになる。サインツは20番手、僚友シャルル・ルクレールは11番手でセッションを終えた。

パワーユニット交換に伴うグリッド降格ペナルティを受けるバルテリ・ボッタスがスプリント予選でP1に並ぶのと同じ理由で、仮に予選時と異なるスペックのウイングを装着してもサインツが7番手グリッドに並ぶ事は変わらない。ペナルティーは日曜のレースで適用となる。

なお初日にエンジンブレーキに問題を抱えていたルクレールは「ピットに入る必要がある。ここじゃ説明できない」と無線でチームに報告を入れた後、クルマを降りて時間を前にセッションを切り上げた。フェラーリはセッション終了後に「少し体調不良を感じていたため、彼のセッションを数分早く切り上げる事にした」と説明した。

予選でニキータ・マゼピン(ハース)のトラフィックに見舞われQ1敗退となった事にフラストレーションを示していたロバート・クビサは、エステバン・オコン(アルピーヌ)に次ぐ6番手タイムを記録した。同じアルファロメオC41をドライブするアントニオ・ジョビナッツィは7番手につけた。

アルファタウリ・ホンダはピエール・ガスリーが9番手、角田裕毅が15番手という結果となった。

2021年F1第14戦イタリアGPのスプリント予選は日本時間9月11日(土)23時30分に開始される。1周5,793mのモンツァ・サーキットを18周する事でチャンピオンシップポイントと日曜のレースのグリッドを競い合う。

Pos No Driver Team Time Gap Laps
1 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:23.246 25
2 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:23.468 +0.222 24
3 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1:23.662 +0.416 23
4 11 セルジオ・ペレス レッドブル・ホンダ 1:23.917 +0.671 29
5 31 エステバン・オコン アルピーヌ・ルノー 1:24.263 +1.017 20
6 88 ロバート・クビサ アルファロメオ・フェラーリ 1:24.280 +1.034 28
7 99 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ・フェラーリ 1:24.502 +1.256 26
8 14 フェルナンド・アロンソ アルピーヌ・ルノー 1:24.539 +1.293 16
9 10 ピエール・ガスリー アルファタウリ・ホンダ 1:24.654 +1.408 24
10 4 ランド・ノリス マクラーレン・メルセデス 1:24.665 +1.419 27
11 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:24.770 +1.524 21
12 3 ダニエル・リカルド マクラーレン・メルセデス 1:24.774 +1.528 24
13 6 ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ・メルセデス 1:24.805 +1.559 23
14 63 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ・メルセデス 1:25.083 +1.837 22
15 22 角田裕毅 アルファタウリ・ホンダ 1:25.422 +2.176 32
16 9 ニキータ・マゼピン ハース・フェラーリ 1:25.729 +2.483 23
17 18 ランス・ストロール アストンマーチン・メルセデス 1:25.763 +2.517 28
18 5 セバスチャン・ベッテル アストンマーチン・メルセデス 1:25.935 +2.689 28
19 47 ミック・シューマッハ ハース・フェラーリ 1:26.012 +2.766 25
20 55 カルロス・サインツ フェラーリ 1:26.124 +2.878 14

コンディション

天気
晴れ
気温
24℃
路面温度
35℃

セッション概要

グランプリ名
F1イタリアGP
セッション種別
フリー走行2
セッション開始日時

サーキット

名称
モンツァ・サーキット
設立
1922年
全長
5793m
コーナー数
11
周回方向
時計回り

F1イタリアGP特集