インディカー・シリーズ第15戦ゲートウェイで勝利しマシンの上に立ってガッツポーズを決めるレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングの佐藤琢磨copyright Indycar

Indycar 第15戦ゲートウェイ決勝:”批判”乗り越え、佐藤琢磨がキャリア初のシーズン2勝目「信じられない!」

  • 最終更新:

2019年NTTインディカー・シリーズ第15戦ゲートウェイ500の決勝レースが、イリノイ州マディソン現地8月24日土曜夜に、ゲートウェイ・インターナショナル・レースウェイで行われ、レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングの佐藤琢磨がキャリア初となるシーズン2勝目を飾った。

予選5番手と好位置を確保した佐藤琢磨であったが、スタートで失速。レース開始早々に最後尾付近まで転落し、一時は2ラップ遅れとなるなど厳しい船出を強いられた。だが、チームのアグレッシブな戦略と好走によって徐々にポジションを回復。189周目にラップリーダーに浮上すると、0.0399秒という僅差でエド・カーペンター(Ed Carpenter)を抑えてトップチェッカーを受けた。

ショート・オーバルでの勝利は初めて。今季としては第3戦アラバマGP以来の勝利となり、通算5勝目、キャリア初のシーズン2勝目を挙げた。チャンピオンシップでは8位から6位へと浮上。来季残留に向けて、これ以上ないリザルトを残してみせた。

「本当に信じられない気持ちです!」と佐藤琢磨。「スタートで遅れて集団に飲み込まれてしまい、若干難しいスタートでした。その後もペースを崩したりと、厳しい状況でしたが、諦めずに攻め続けたことでチャンスが掴むことができました」

「作戦を駆使して戦った僕らに、運が味方してくれたのは確かですが、それと同時に、今晩の我々がとても速かったことも事実です」

佐藤琢磨は前戦ポコノで1周目にクラッシュ。今ではレーシングアクシデントとの認識が広がっているものの、タイトル争いの渦中にいたアレキサンダー・ロッシが巻き込まれた事もあり、暫くの間、各方面から厳しい批判に晒されていた。それだけに、今回の美酒は格別だった。

「今回は特にそうですが、チーム一丸となって気持ちを一つに取り組んだ結果ですので、信じられない想いです。チームが本当に素晴らしいサポートをしてくれました。ショートトラックでの優勝は初めて。新たな歴史の1ページを築けたことを嬉しく思っています。心配おかけいたしました。大丈夫です。ありがとうございます」

3位はトニー・カナーン(AJ Foyt)。最多ラップリードを稼いだルーキーのサンティノ・フェルッチ(Dale Coyne)は5位に終わった。ランキングを先導するジョセフ・ニューガーデン(Team Penske)は、フィニッシュまであと数百mのところで単独スピン。7位に終わったものの、同2位のアレキサンダー・ロッシが13位でフィニッシュした事もあり、首位の座をキープした。

全長1.25マイルのショートオーバルで248周に渡って争われた今年のゲートウェイ500では、アクシデントによるフルコースコーションが5回発生。タイヤの磨耗が激しく、チームによってタイヤ交換と燃料補給のタイミングが大きく別れた。

レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングの佐藤琢磨、2019年インディカー・シリーズ第15戦ゲートウェイ予選にて

レースダイジェスト

注目のオープニングラップで佐藤琢磨は、両サイドを挟まれ行き場を失う恰好となり、ライアン・ハンター=レイ(Andretti)と軽く接触。一気に5番手から13番手にまで後退した。

マーカス・エリクソン(Schmidt Peterson)のスピンによって早々にイエローコーション。レースは6周目にリスタートするも、佐藤琢磨は更に遅れ、16番手にまで後退した。その後も、スリーワイドでのバトルの際に失速。一気に5台に抜かれ21番手に転落。先陣を切って46周目にピットインした。

各車続々と1回目のピットストップを行う中、上位争いを演じていたウィル・パワー(Team Penske)が54周目にアウトラップで単独クラッシュ。2度目のフルコースイエローとなった。このアクシデントによって、ポールポジションのニューガーデンを抑えて、フェルッチとジェームス・ヒンチクリフ(Schmidt Peterson)がトップに浮上した。

このタイミングで、逆転タイトルを目指すスコット・ディクソン(Chip Ganassi)がマシントラブル。ピットクローズ中に緊急ピットインした。冷却系に問題が発生したようで、レーン上でクーラントを補充するなど作業が行われたものの、その後ガレージへと引っ込んだ。

佐藤琢磨はコーション中に再度タイヤ交換と給油を実施。20番手でコースと戻り、70周目にグリーンフラッグを迎えた。

ヒンチクリフをオーバーテイクしたフェルッチがトップに浮上。その後ハイペースを刻み、後続との差を拡大し、100周目には、2番手を走行するヒンチクリフに対して7.5秒ものギャップを築いた。

各車2度目のピットストップを終える中、120周目にエリクソンがウォールと軽く接触。3度目のフルコースイエローとなった。周囲とはシークエンスが異なるものの、佐藤琢磨は5番手に浮上し、その後ピットオープンと同時にピットイン。13番手でコースに復帰してラップバッグを果たした。

修復を終えたディクソンがコーション中に60周遅れでコースイン。僅かでもポイントを加算するためレースへと復帰したが、その後再びガレージへ。チェッカーを前にマシンを降りた。

レースは、フェルッチ、セバスチャン・ブルデー(Dale Coyne)、ヒンチクリフの順に131周目にリスタートを迎えるも、直後にチャーリー・キンボール(Carlin)とスペンサー・ピゴット(Ed Carpenter)が接触。バランスを崩したピゴットが壁に激突し、再びコーションが出された。

2019年インディカー・シリーズ第15戦ゲートウェイでのリスタート時の様子

レースは142周目にリスタート。ラップリーダーのフェルッチから9番手のフェリックス・ローゼンクビスト(Chip Ganassi)までは残り2ストップ。10番手ハンターレイ以下は残り1ストップという状況下での戦いとなった。

佐藤琢磨は、マルコ・アンドレッティとハンターレイを抜き去り187周目に3番手に浮上。トップを走るフェルッチとブルデーがピットストップした事で、189周目にラップリーダーに浮上した。

192周目、ピットアウトしたばかりのブルデーがクラッシュ。再びフルイエローコーションとなり、ピットオープンと同時に複数台がピットイン。佐藤琢磨はフレッシュタイヤに履き替え、ウイング調整なしでピットアウト。ポジションをキープし、ラップリーダーとしてコースに復帰した。

レースは206周目に佐藤琢磨、カナーン、カーペンターの順にリスタート。残り43周のスプリントレースとなった。佐藤琢磨は好スタートを切ってトップをキープし、迫りくるオーバル職人カーペンターの猛攻をかわして首位の座を死守。248周目に見事トップチェッカーを受けた。

第16戦は来週末にアメリカ西海岸、オレゴン州ポートランドのロードコースで開催される。佐藤琢磨にとっては昨年優勝を飾った地。2連覇の期待がかかる。

ゲートウェイ・モータースポーツ・パークを走行するレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングの佐藤琢磨

ゲートウェイ決勝順位結果

Pos. Start Driver Gap
1 5 佐藤琢磨
Rahal
–.—-
2 17 エド・カーペンター
Ed Carpenter
0.0399
3 20 トニー・カナーン
AJ Foyt
2.2459
4 6 サンティノ・フェルッチ
Dale Coyne
4.1935
5 4 シモン・パジェノー
Team Penske
6.2741
6 18 コナー・デイリー
Andretti
8.0200
7 1 ジョセフ・ニューガーデン
Team Penske
13.8050
8 9 ライアン・ハンター=レイ
Andretti
14.9394
9 12 コルトン・ハータ
Harding Steinbrenner
17.1010
10 22 マルコ・アンドレッティ
Andretti
18.4657
11 10 フェリックス・ローゼンクビスト
Chip Ganassi
19.8590
12 7 ジェームズ・ヒンチクリフ
Schmidt Peterson
1 lap
13 11 アレキサンダー・ロッシ
Andretti
1 lap
14 15 ザック・ビーチ
Andretti
1 lap
15 19 チャーリー・キンボール
Carlin
1 lap
16 14 マーカス・エリクソン
Schmidt Peterson
1 lap
17 21 マテウス・レイスト
AJ Foyt
2 lap
18 16 グラハム・レイホール
Rahal
22 lap
19 2 セバスチャン・ブルデー
Dale Coyne
59 lap
20 8 スコット・ディクソン
Chip Ganassi
112 lap
21 13 スペンサー・ピゴット
Ed Carpenter
117 lap
22 3 ウィル・パワー
Team Penske
196 lap

2019年シーズンのインディカー・シリーズは、例年通りCS放送のGAORA SPORTSで生放送される。視聴にはスカパーやひかりTVとの契約が必要となる。

スカパー!WEBサイト