インディカー・シリーズ第13戦ミッドオハイオを走る佐藤琢磨copyright Honda

Indycar 第13戦ミッドオハイオ:ロッシが今季2勝目!佐藤琢磨はチルトンの攻撃受け17位「ほんっと悔しい」

  • 最終更新:

インディカー・シリーズ第13戦Hondaインディ200・アット・ミッドオハイオの決勝レースが現地7月29日日曜に行われ、アレキサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポーツ)が今季2勝目。出場24台中で唯一となる2ピットストップが功を奏し、2位のロバート・ウィッケンズ(シュミット・ピーターソン・モータースポーツ)に対して、13秒ものギャップを築きチェッカーを受けた。

1-2のホンダ勢に続いたのはウィル・パワー(チーム・ペンスキー)。予選8番手の佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は、レース序盤にマックス・チルトンに車を当てられてしまい一気にポジションダウン。マシンのペースも悪く挽回叶わず17位に終わった。

アメリカ東部オハイオ州コロンバス郊外のミッドオハイオ・スポーツカーコースは、緑に囲まれた全長2.258マイル(3.63km)のツイスティーでテクニカルなロードコース。右に左にとバラエティに富むコーナーが連続するため、マシンセッティングが高いレベルに仕上げられている必要がある。

近くにはホンダのオハイオ工場があり、毎年1万人以上の関係者が家族連れでサーキットに訪れレースを観戦。金曜から快晴続きだったものの決勝日は雲が多めで雨の心配もあったが、90周のレースは最後までドライコンディションで争われた。

インディカーHONDAインディ200ミッドオハイオで優勝したアンドレッティ・オートスポーツのアレキサンダー・ロッシ

佐藤琢磨はジェームズ・ヒンチクリフのクラッシュによって予選アタックのチャンスを奪われ、持てる力を発揮しきれずにファスト6進出を逃した。とは言え、金曜のプラクティスからマシンは順調。オープニングラップで2台を交わし、1周目に2ポジションアップを果たし6番手に浮上。好スタートをみせた。

トップ争いに期待が高まったものの、2周目に後続のマックス・チルトンに追突されスピン。一気に17番手まで後退した。このインシデントについては、チルトンにドライブスルーペナルティが科せられた。その後さらにポジションダウンした琢磨は、最終17位の1ラップダウンでフィニッシュ。レースを終えた琢磨は「ほんっと悔しいです」と残念がった。

「コンペティティブな走りを続けてゴールできず本当に残念です。2台をオーバーテイクして6番手に浮上し、良いリズムでレースをスタートしました。すべて順調でした」

「2ラップ目のターン4で、マックス・チルトンがプッシュ・トゥ・パスを使ってアタックしてきたのが見えたので、左側に1台分のスペースを空けてコーナーに入りました。すべてがうまくいっていると思っていましたが、ターン4出口で彼が僕のマシン後部にぶつかりスピンしてしまいました」

「その後、レースで挽回することはできませんでした。残念ながら、レース中盤のスティントが良くなくて追い上げは困難でした。21番手まで落ちたポジションから、レース終盤に新品のレッドタイヤを履いたことでようやく何台かをオーバーテイクできましたが、非常に残念な結果となりました。今日は大きな期待を抱いていたのですが、期待通りのレースとはなりませんでした」

インディカー第13戦ミッドオハイオ決勝順位結果

Pos. Start Driver Team
1 1 アレキサンダー・ロッシ Andretti
2 5 ロバート・ウィッケンズ Schmidt Peterson
3 2 ウィル・パワー Team Penske
4 4 ジョセフ・ニューガーデン Team Penske
5 9 スコット・ディクソン Chip Ganassi
6 24 セバスチャン・ブルデー Dale Coyne
7 3 ライアン・ハンター=レイ Andretti
8 17 シモン・パジェノー Team Penske
9 7 グラハム・レイホール Rahal
10 12 ザック・ビーチ Andretti
11 13 マルコ・アンドレッティ Andretti
12 16 ジョーダン・キング Ed Carpenter
13 18 スペンサー・ピゴット Ed Carpenter
14 10 ジェームズ・ヒンチクリフ Schmidt Peterson
15 11 エド・ジョーンズ Chip Ganassi
16 15 チャーリー・キンボール Carlin
17 8 佐藤琢磨 Rahal
18 19 トニー・カナーン AJ Foyt
19 21 マテウス・レイスト AJ Foyt
20 20 ジャック・ハーベイ Schmidt Peterson
21 23 レネ・バインダー Juncos Racing
22 14 コナー・デイリー Harding Racing
23 22 ピエトロ・フィッティパルディ Dale Coyne
24 6 マックス・チルトン Carlin