アイオワスピードウェイのピットロードに並ぶインディカーマシン、2020年アイオワ250copyright Indycar

インディカー、2020年カレンダーを再改定…COVID-19の影響で3レースが新たに中止

  • Published:

NTTインディカー・シリーズは米国インディアナポリス現地7月27日(月)、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で3つのイベントを新たに中止すると発表した。

中止となるのは、9月13日に予定されていたオレゴン州のポートランド・インターナショナル・レースウェイでの第10戦と、9月19~20日に予定されていたカリフォルニア州のウェザーテック・レースウェイ・ラグナセカでのダブルヘッダー、第11戦及び第12戦の計3レース。両地域は共に新型コロナウイルスの流行が拡大しており、当局による規制が強化されている。

インディカー・シリーズによると、イベント中止の決断はイベントプロモーターと共同で下したものであり、2021年に再び同サーキットでレースを行う予定だという。

改訂版カレンダーには14戦が並んでいたが、3戦を失うと11戦に減少する。そこでインディカーはラグナセカとポートランドの穴を埋めるべく、既に開催が予定されているミッドオハイオ、ゲートウェイ、インディアナポリス・モーター・スピードウェイのロードコースでのイベントを全てダブルヘッダーとして執り行い、年間14戦を確保する。

ペンスキー・エンターテインメント社のマーク・マイルズ社長兼CEOは「今年のロード・アメリカとアイオワ・スピードウェイでのエキサイティングなダブルヘッダーはファンに大変好評だった。シリーズの中で最もエキサイティングな3つのレース場で、ワールドクラスのエンターテイメントを提供できることを楽しみにしている」との談話を発表した。

ラウンド 日程 開催地 種別
第1戦 6月6日 テキサス オーバル
第2戦 7月4日 インディアナポリス ロード
第3戦 7月11日 ロード・アメリカ ロード
第4戦 7月12日 ロード・アメリカ ロード
第5戦 7月17日 アイオワ オーバル
第6戦 7月18日 アイオワ オーバル
第7戦 8月8日 ミッド・オハイオ ロード
第8戦 8月9日 ミッド・オハイオ ロード
第9戦 8月23日 インディ500 オーバル
第10戦 8月29日 ゲートウェイ オーバル
第11戦 8月30日 ゲートウェイ オーバル
第12戦 10月2日 インディアナポリス ロード
第13戦 10月3日 インディアナポリス ロード
第14戦 10月25日 セント・ピーターズバーグ 市街地